四十肩(五十肩)に前兆があるの?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)の前兆って・・・~なんかおかしいな?~

四十肩(五十肩)になった方の多くの話で、特に何もしていないし、前兆もなかったということがあります。

 

四十肩(五十肩)はとても多くの人が苦しむものですが、その発症のきっかけはわからない、ということがほとんどです。

 

それでは四十肩(五十肩)には前兆はないのでしょうか?

 

ここでは、四十肩(五十肩)の前兆についてご説明します。

四十肩(五十肩)に前兆がないってホント?

基本的に、四十肩(五十肩)にはハッキリとした前兆を感じ取る人はあまり多くありません。

 

前兆がないわけではないのですが、感じ取りにくいことが多いようです。

 

さらに、人によって、いつから四十肩(五十肩)になったかが決めづらいのが、ある意味、四十肩(五十肩)の特徴の一つでもあります。

 

前兆らしきものに気づかないことも多いので、医療機関を受診するタイミングも人によってバラバラなようです。

 

肩に痛みが出始めてからすぐに医療機関を受診する人もいれば、何週間も、何か月も経ってからようやく受診する方もおられます。

 

それだけ、四十肩(五十肩)の前兆というものは感じ取りにくいもののようです。

 

さて、四十肩(五十肩)の前兆として考えられるものの代表は、やはり肩回りの筋肉の張りでしょう。

 

四十肩(五十肩)になった方の話をうかがうと、痛みが出る前に妙に肩が重かったとか、肩の中がおもだるい感じがしたとかいう話をよく耳にします。

 

最も多い表現としては、筋肉痛のような感じといわれることが多いように思います。

 

そして、筋肉痛のような痛みであれば、なんだただの筋肉痛か、と思われることが多いので医療機関を受診するタイミングが遅れがちになるのも分かりますよね。

 

前兆というかキッカケについても、よくよく聞いてみると、

 

  • 後ろに手を持って行ったときに一瞬チクっとした
  • 物を持った時に一瞬カクっと力が抜けたような感じがした

 

など、ほんのわずかな痛みが肩にある、ということも一つの前兆かもしれません。

 

このように、四十肩(五十肩)の前兆は、ついつい見過ごされがちなことが多いです。

 

肩回りに普段より筋肉痛のような痛みが強かったり、肩の中がズーンと重い感じしたり、そんな感じがしたら要注意、早めの受診をお勧めします!

四十肩(五十肩)は前兆が分かりにくい~動かせても動かさないで~

四十肩(五十肩)になった方で前兆があった、という方はあまり多くありません。

 

よくよく聞いていくと筋肉痛のような痛みがあった、くらいのものです。

 

先ほども書いたように、実はその筋肉痛のような痛みが前兆であることが多いのですが、前兆がある場合はどのようなことに注意していけばよいのでしょうか?

 

四十肩(五十肩)の前兆としては、筋肉痛のような痛みや肩の中のずーんとした重だるさがあります。

 

それに加えて、しばらく前だとしても一瞬チクっと肩に痛みがあったり、力が抜けるような感覚を感じたりした方は、四十肩(五十肩)になるかも・・・と思ってよいでしょう。

 

そのような場合、どのような注意が必要なのでしょうか?

 

基本的には、四十肩(五十肩)になった場合と同じ対処を行うことが重要になります。

 

もっとも大切なのは大きく動かさない、ということです。

 

前兆の段階では可動域の制限はほとんどないため、動かす範囲に困ることはありません。

 

筋肉痛のような痛みがあるため、なんとなく動かしたくなり、ぐりぐりと肩を回す方が多いのですが、それは行わない方がよいでしょう。

 

むしろ、肩より上に手をあげないようにする、体の横に手を伸ばさない、重いものを避ける、などそこまでする必要ある?くらいの注意でも良いと思います。

 

ガチガチに固めて動かさない、まですると逆効果ですが、大きく動かすのは、やはり避けたいものです。

 

実は、この初期の段階で無理をすると、四十肩(五十肩)の経過が悪くなることが多く、治りが遅くなったり、痛みが強くなったりしてしまうのです。

 

反対に、肩甲骨や背中は大きく動かすようにして、柔軟に保つことも対処の一つでしょう。

 

また、そのほかの注意点としては首の問題があるかもしれないということです。

 

首の問題があっても肩回りに重さが出てくることがあり、チェックとして首を反らすような動きをしたときに、肩に重さが強くなるようであれば、首の問題かもしれません。

 

ましてや、首を動かしたときに、腕や指までしびれや重さが広がるようであれば、早めに医療機関を受診するとよいでしょう。

 

四十肩(五十肩)の前兆は非常に感じにくく、はっきりしません。

 

そのため肩が重いなと感じたら、まずはここにあげたような四十肩(五十肩)に対する基本を実践してみてはいかがでしょうか?

 

動かせても無理しない、ということが大切です。

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

急性期・慢性期
四十肩(五十肩)には、急性期と慢性期があります。ここでは四十肩(五十肩)の急性期・慢性期についてご説明します。
きっかけ
四十肩(五十肩)になるには、何かしらのキッカケがあるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)のきっかけについてご説明します。
防ぐ
四十肩(五十肩)を防ぐということは可能なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を防ぐことについて、少し掘り下げてお話したいと思います。
モヤモヤ血管
四十肩(五十肩)にはモヤモヤ血管が影響しているという話がありますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とモヤモヤ血管との関係性についてご説明します。
筋力トレーニング
四十肩(五十肩)に筋力トレーニングの最中になってしまう方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉トレーニングの関係についてご説明します。
つり革
四十肩(五十肩)でつり革を持つのがツラいという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)とつり革の関係についてご説明します。
ストレス
四十肩(五十肩)とストレスには、何かしらの関係性があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とストレスとの関係についてご説明します。
完治
四十肩(五十肩)になッた場合、それは完治できるものはのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の完治についてご説明します。
悪化
四十肩(五十肩)になった場合、悪化することはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の悪化についてご説明します。
応急処置
四十肩(五十肩)になった場合、応急処置はどのようにすれば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の応急処置についてご説明します。
無理やり動かす
四十肩(五十肩)で痛いのに無理やり動かすという方がいますが、問題ないのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を無理やり動かすことについてご説明します。
癒着
四十肩(五十肩)が癒着するというのは本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と癒着の関係についてご説明します。
拘縮(こうしゅく)
四十肩(五十肩)になった場合、拘縮(こうしゅく)になった、といわれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)の拘縮についてご説明します。
利き腕
四十肩(五十肩)は利き腕の方がなりやすいのでしょうか?ここでは、四十肩(五十肩)と利き腕の関係性についてご説明します。
似た症状
四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患は結構あるものです。ここでは四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患の種類や原因、対処法についてご説明します。
どんな痛み
四十肩(五十肩)ってどんな痛みなのか?というのは、初めての方にとっては、けっこう疑問なのかも知れません。ここでは四十肩(五十肩)がどんな痛みなのか?についてご説明します。
何科
四十肩(五十肩)になって何科に行けばよいのか?また治療院や整体院へ行くのはどうなのか?と悩む方は多いようです。ここでは四十肩(五十肩)は何科へ行けばよいのかについてご説明します。