四十肩(五十肩)に重い物は良くないの?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)に重い物〜やっぱりよくはないでしょうか?〜

四十肩(五十肩)になった方からよく耳にする話が「重い物は持っていないのに・・・」ということです。

 

多くの方のイメージとして、重い物を持つと四十肩(五十肩)になりやすいということがあるようです。

 

もちろん間違ってはいないと思いますし、実際に、重い物を持つと四十肩(五十肩)になるリスクは増します。

 

ここでは、四十肩(五十肩)と重い物を持つことの関係についてご説明します。

四十肩(五十肩)に重い物がリスクである理由は?

四十肩(五十肩)に重い物がリスクである理由はなんでしょうか?

 

重い物を持つ際には、肩の周りの大きな筋肉が緊張し、かつ、肩の中の小さな筋肉にもかなりの負荷がかかります。

 

そうすると、普段は安定している肩の関節が支えきれなくなり、不安定になり、肩のなかで擦れるなどして炎症が起こってしまいます。

 

しかし、これまた多くの方のイメージとして十キロ以上もあるものを持つことが初めて「重い物を持つ」ということになる、と思っていらっしゃるようです。

 

もちろん十キロを超えるようなものは「重くて肩に負担」なのですが、その「重い物」というのは人や状況によって大きく異なるのです。

 

例えば、1リットルのペットボトルを持つだけで四十肩(五十肩)になる方もいますし、10sのお米を運んでも四十肩(五十肩)にならない方もいるのです。

 

では、一体何が違うのでしょうか?

 

それは、重い物をもつ体の位置、腕の位置、重いものと体の距離に関係があります。

 

もともと肩の関節は、とても大きな動きができるような形になっています。

 

大きく動く代わりに、不安定にならないように周りの筋肉や靭帯など支える組織には大きな負担がかかりやすくできています。

 

大きく動くので、遠くのものを取ることも可能なのですが、体の中心から持つ物が離れれば離れるほど、肩にかかる負荷は倍増していきます。

 

そのため、単なる1リットルのペットボトルでも、遠くに手を伸ばしてとるような動作であれば、体の近くで10s以上のものをもつのと同じくらいの負荷がかかってしまうのです。

 

また、体の横、外に手を伸ばして物を取る動作も、肩への負担は正面で取るときよりも雲泥の差です。

 

これに、重い物という負荷がかかればその差は歴然です。

 

肩にとって重いものはとても強い負荷になります。

 

小学校で習う天秤の授業のように、まずは持つものが体より遠くに離れれば離れるほど必要な力が増えることを知ってください。

 

そして、無理をしないように、痛みの出ない動作を選ぶようにすることが大切です。

四十肩(五十肩)に重い物はだめ?〜大丈夫と思った物が大きなリスク〜

四十肩(五十肩)にとって重い物をもつということは、とても大きなリスクです。

 

「そりゃあそうだろう!」・・・という声が聞こえてきそうですが、そりゃそうです。

 

重い物は、肩にとても負担なのです。

 

当たり前のことを当たり前に言っています。

 

しかし大切なのは、重い物の持ち方です。

 

自分にとっては軽いものと思っても、その持ち方によっては四十肩(五十肩)へ一直線!なんてこともあるのです。

 

では、物を持つときに四十肩(五十肩)にならないためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

もちろん、四十肩(五十肩)になっていたり、痛みがある場合には軽い物でも持たない方がよいですし、なんともない方の手を使うほうが良いに決まっています。

 

重い物を持つときの基本は、以下の3つです。

 

  • 片手で扱わない
  • 体との距離を近くする
  • 体の正面で持つ

 

片手で扱わないということは、イメージ通りかもしれません。

 

対象となる「物」がその人にとって重かろうが、軽かろうが安易に片手で扱うと、四十肩(五十肩)になる確率が高くなってしまいます。

 

これは、言うよりも難しい習慣です。

 

よほど意識しないと難しい行動です。

 

少なくとも、痛みがある場合には、大丈夫と思っても物を持つ動作は両手で行ったほうがよいでしょう。

 

次に、重い物と体の距離の問題ですが、経験的に物と体の距離が遠くなれば持つのが大変なことは皆さんよくわかると思います。

 

もちろん肩への負担も段違いです。

 

ペットボトル一つ、ティッシュ一枚でさえ、遠くで扱うことは肩へは想像以上に負担となっているのです。

 

重い物を持つときはちょっと近づいて両手で!という意識を持つだけでもずいぶん肩への負担は変わってきます。

 

さらに同じような注意点として、体の正面で重い物をもつということです。

 

言い換えれば、重くなくても体の横に手を伸ばしてとることは決していいことではありません。

 

椅子に座って遠くの物を取る動作がよくある危険な動作です。

 

重い物であれば意識して体の正面で持つようにするでしょうが、微妙な重さの物こそ注意が必要です。

 

身体との距離や、横へ手を伸ばさないということを考えれば、重い物はできるだけ体の正面で体に密着させて持つことが大切です。

 

(赤ちゃんを抱っこしたことがある人はおわかりになることでしょう)

 

四十肩(五十肩)にとって重い物はとてつもないリスクです。

 

日常生活では持たざるを得ないこともあると思います。

 

持ち方のセオリーを知って適切に対処をしていきましょう!

スポンサードリンク

関連ページ

アルコール
四十肩(五十肩)にアルコールが悪いのかどうなのかを気にする方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)とアルコールとの関係についてご説明します。
腕立て伏せ
四十肩(五十肩)に腕立て伏せが良いのか?悪いのか?を気にされる方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)と腕立て伏せとの関係についてご説明します。
角度
四十肩(五十肩)は肩の角度によって症状の現れ方が違います。ここでは四十肩(五十肩)と肩の角度の関係についてご説明します。
肩こり
四十肩(五十肩)と肩こりに関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肩こりの関係についてご説明します。
僧帽筋
四十肩(五十肩)と僧帽筋という筋肉に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と僧帽筋の関係についてご説明します。
腱板損傷
四十肩(五十肩)と腱板損傷にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腱板損傷の関係についてご説明します。
筋膜
四十肩(五十肩)と筋膜にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と筋膜の関係についてご説明します。
産後
四十肩が産後に起きるということを聞いたことはありませんか?ここでは四十肩と産後の関係についてご説明します。
更年期
四十肩(五十肩)と更年期障害に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と更年期障害の関係についてご説明します。
寝起き
四十肩(五十肩)と寝起きに関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と寝起きの関係についてご説明します。
四十肩(五十肩)と雨に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と雨の関係についてご説明します。
運転
四十肩(五十肩)と車の運転に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と運転の関係についてご説明します。
痛み 期間
四十肩(五十肩)の痛みの期間は、どれくらいだと思えば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の痛みの期間についてご説明します。
水泳
四十肩(五十肩)に水泳が良いという話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と水泳の関係についてご説明します。
マットレス
四十肩(五十肩)にマットレス選びが大切という話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とマットレスの関係についてご説明します。
抱き枕
四十肩(五十肩)に抱き枕はあまり効果がなさそうという話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と抱き枕の関係についてご説明します。
スマホ
四十肩(五十肩)とスマホに関連性があるのか?という質問をいただくことがあります。ここでは四十肩(五十肩)とスマホの関係についてご説明します。
トリガーポイント
四十肩(五十肩)のトリガーポイントという言葉をご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とトリガーポイントの関係についてご説明します。
診断
四十肩(五十肩)の診断はどのように行われるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の診断についてご説明します。
糖尿病
四十肩(五十肩)と糖尿病との間に関係性はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と糖尿病の関係性についてご説明します。
むちうち
四十肩(五十肩)とむちうちとの間に関係性はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむちうちの関係性についてご説明します。
なる人
四十肩(五十肩)になる人とならない人の違いはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)になる人と、ならない人の特徴についてご説明します。
可動域
四十肩(五十肩)になると可動域が制限されるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と可動域の関係についてご説明します。
高校生
四十肩(五十肩)に高校生がなるなんていう話がありますが本当でしょうか?ここでは、高校生でも四十肩(五十肩)になるのかどうなのか?についてご説明したいと思います。
猫背
四十肩(五十肩)は猫背だとなりやすいのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と猫背の関係性についてご説明します。
寝相
四十肩(五十肩)と寝相には関係性があるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と寝相の関係性についてご説明します。
閉経
四十肩(五十肩)と閉経には関係性があるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と閉経の関係性についてご説明します。
リュック
四十肩(五十肩)の時に持つカバンはリュックが良いという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)にリュックは良いのかどうかについてご説明します。
血行
四十肩(五十肩)と血行の良し悪しは関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と血行の関係性についてご説明します。
手術
四十肩(五十肩)になった方で手術が必要であることがあります。ここでは四十肩(五十肩)と手術の関係性についてご説明します。
季節
四十肩(五十肩)を発症するのに季節は関係あるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と季節の関係性についてご説明します。
骨折
四十肩(五十肩)と骨折には深い関係があることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と骨折の関係性についてご説明します。
インピンジメント症候群
四十肩(五十肩)とインピンジメント症候群とは一体なにが違うのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とインピンジメント症候群の関係についてご説明します。
三角筋
四十肩(五十肩)で三角筋が痛いという方がいますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と三角筋の関係についてご説明します。
棘下筋(きょっかきん)
四十肩(五十肩)で棘下筋(きょっかきん)が痛いという方がいますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と棘下筋の関係についてご説明します。
リウマチ
四十肩(五十肩)でリウマチの心配をされる方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)とリウマチの関係についてご説明します。
服の脱ぎ着
四十肩(五十肩)で服の脱ぎ着で困る方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)になった場合の服の脱ぎ着についてお伝えします。