四十肩(五十肩)に後遺症はあるのですか?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と後遺症~すっかり治ったと思っても~

四十肩(五十肩)になって、治った方がよくおっしゃることがあります。

 

「俺も四十肩(五十肩)になったけど後遺症もなく、ほっといたら治ったよ」

 

たしかに、四十肩(五十肩)はきちんと治るものという認識が一般的で、後遺症が残るというイメージはないでしょう。

 

もちろん、治るのは事実なのですが、実はいろいろな後遺症というべきものを残してしまうことが多いのです。

 

そして、そんな後遺症が、再発のリスクにつながっているというのは、あまり知られていないことでしょう。

 

今回は、そんな四十肩(五十肩)と治った後にのこる後遺症について書いていこうと思います。

四十肩(五十肩)の後遺症にはどんなことがあるの?

四十肩(五十肩)の後遺症にはどのようなことが考えられるのでしょうか?

 

後遺症というとと一生残るもの、と考えがちですが、この話の後遺症は少し違います。

 

最後まで治そうと思えば治せるのに、動きも痛みも先に良くなるので困らなくなり、治療しなくなることを指しています。

 

四十肩(五十肩)で代表的なのが「腱板損傷(けんばんそんしょう)」です。

 

肩の中にある小さな筋肉をまとめて腱板(けんばん)と表現しますが、いわゆるインナーマッスルのことです。

 

これらが傷つくことで四十肩(五十肩)になることが多いのですが、腱板が一部切れてしまうことがあります。

 

切れたままでも痛みがおさまり、動きも不自由ないくらいまでよくなるので放置されることが多いのです。

 

しかし、腱板が切れたままだと肩が不安定になり、また肩の中で擦れるような状況になりやすいのです。

 

また、四十肩(五十肩)の後遺症としては、肩から「首周りの筋肉の硬さ」が残るケースがかなり多いです。

 

少々固くても動きに問題ないのですが、このような硬さを残すと四十肩(五十肩)が再発しやすくなるのです。

 

そのほかの後遺症としては、肩の関節を広げる目的である「関節唇」といわれるパッキンのようなものを傷めることがあります。

 

これも痛めたままでも痛みがなくなることが多く、再発のリスクにつながります。

 

そして四十肩(五十肩)の後遺症として最も見過ごされやすく、最も再発のリスクにかかわっているのが、身体に学習された「悪い動きの習慣」です。

 

四十肩(五十肩)は痛みがとても強く伴うため、肩の動きをかばうことが非常に多くなります。

 

そういったかばった動きをしているうちに、適切でない動きを脳が学習してしまうのです。

 

そのため、一度そのような使い方を学習すると、痛みがなくなっても間違った使い方となり、ますます四十肩(五十肩)を再発させるリスクが高くなってしまいます。

 

このように、四十肩(五十肩)の厄介なところとして、今回書いたような後遺症が残っていても生活に困らなくなることが多いのです。

 

四十肩(五十肩)は、きちんと治し切らないと再発のリスクが高くなることを知り、痛みの有無にかかわらず対処をしていくことが大切なのです。

四十肩(五十肩)の後遺症への対策はどうする?

四十肩(五十肩)の後遺症として先ほどはいくつかのことを書きました。

 

何回もいうように後遺症といっても、まだ戻る可能性のあるものですので、ご安心ください。

 

では、そんな四十肩(五十肩)の後遺症といわれるものの注意点や対策などを書いていこうと思います。

 

まず、四十肩の後遺症として考えられる「腱板損傷」からです。

 

肩の中で筋肉がこすれて一部、もしくは全部が切れてしまう状態です。

 

これは小さな傷であれば修復するのですが、傷が大きくなると修復することなくむしろ広がっていってしまうのです。

 

最悪の場合、手術が必要になりますし、手術をしても完全に元通りにならないこともあります。

 

医療機関のMRI検査でしかわかりませんが、四十肩(五十肩)になって腱板損傷を指摘された場合、肩に負担をかけるような動作は極力避けるようにして下さい。

 

重いものを片手で持つ、遠くに手を伸ばして物を取る、大きくひねる、など四十肩(五十肩)の再発のリスクが非常に高くなってしまいます。

 

逆に、そのような動作を避けるような習慣をつければ、特に問題なく過ごせるものなのです。

 

次に、四十肩(五十肩)の後遺症として「肩回りの筋肉の固さが残る」ことがあります。

 

「そんなもの四十肩(五十肩)が治ればすぐに元通りでしょ?」

 

・・・と思う方が多いかもしれませんが、実はそうではありません。

 

多少固さがあっても、痛みや動きはよくなってしまうのです。

 

これもまた先ほどと同様に、四十肩(五十肩)の再発リスクを高める要因の一つとなります。

 

注意点や対処としては、背伸び一つでもゆっくりと行い、肩まわりの筋肉の柔軟性を高めておくことが大切です。

 

簡単なものから始めないとなかなか続かないことが多く、自分のペースをつかむことが大切です。

 

最後に、最大の問題である「誤った動きの学習」についてですが、かばった動きを肩回りの筋肉が学習してしまい、脳もそれが当たり前になってしまう状況です。

 

痛みがなくてもこのようなことは、頻繁に起こります。

 

そのため、四十肩(五十肩)が治ったと思ったら首が痛くなったとか、肘が痛くなったとかを耳にすることが非常に多いのです。

 

この誤った動きの学習が起きてしまった場合、大切なのは「肩回りの脱力」です。

 

特定の筋肉を無理に使って腕をあげようとするので、普段よりも疲れやすくなってしまうのです。

 

対処法は、痛みがある、無しにかかわらず、何かと肩の力を抜くように心がけるようにしていきましょう。

 

四十肩(五十肩)の後遺症は非常にわかりにくいものであり、周囲の賛同を得られにくい症状です。

 

しかし、後遺症といっても対応ができるものなので、まずはできることが考えて、体操などを習慣化するようにしていきましょう!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
手の甲
四十肩(五十肩)の方で手の甲が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手の甲が痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。
骨に異常がない
四十肩(五十肩)で「骨に異常がない」と、医者に言われることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)で骨に異常がないと言われた場合の原因や対処法についてご説明します。
巻き肩
四十肩(五十肩)と巻き肩には密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と巻き肩の関係性について詳しく書いていきます。
神経痛
四十肩(五十肩)の方で、神経痛だと思って病院に行く方は結構いらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と神経痛との違い、その関係性について詳しく書いていきます。
広背筋
四十肩(五十肩)と広背筋にはとても密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と広背筋との関係性について詳しく書いていきます。
真横にあげると痛い
四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
後ろに回すと痛い
四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛いというケースがありますが何故でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
2年も続く
四十肩(五十肩)が2年も続くと訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が2年以上も続く場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
治った後コキコキ音
四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がするという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がする場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
慢性期 肋骨が痛い
四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛いという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
腕はあがるけど捻じると痛い
四十肩(五十肩)で腕はあがるけど捻じると痛いという方がいらっしゃいます。ここでは、四十肩(五十肩)の腕はあがるけど捻じると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。