四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛い?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛いって、どういうこと?

四十肩(五十肩)は経過が長く、慢性期になると、肩以外にも、いろいろな部位が痛いというケースがあります。

 

そんな四十肩(五十肩)の慢性期で、肋骨が痛いという人が結構いらっしゃいます。

 

では、それって、いったい何が問題なのでしょうか?

 

今回は、四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛いというケースについて、ご説明したいと思います。

四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛い原因は「内臓」?

四十肩(五十肩)の慢性期で、肋骨が痛い場合、よくあるのが「胸の前」や「脇の下」付近を指さして肋骨が痛いというケースです。

 

このような場合、最も注意すべきなのが「内臓の問題」です。

 

内臓の問題がある場合は、もちろん割合は多くないのですが、中には命に関わるものもありますので注意が必要です。

 

肋骨が痛いといっても、場所にもよりますが、左胸の前や、左の肩甲骨や背中付近が肩を動かしていなくても鈍痛が出た場合には注意が必要です。

 

一度は検査を受けることをお勧めします。

 

それ以外で、四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛い場合、ほとんどが「胸の前の筋肉」や「背中の筋肉」など、幅の広い大きな筋肉の問題が絡んでいます。

 

四十肩(五十肩)も、慢性期になると色々な要素が重なっていることが多くなります。

 

痛みによって、かばう動作が重なり、余計な筋肉の緊張が増してしまうからです。

 

特に、「胸の前の筋肉」や「背中の筋肉」など、大きな筋肉が全体的に緊張して動きを固めて、大胸筋や広背筋のような大きな筋肉が非常に強く硬くなると、肋骨の動きまでも制限してしまいます。

 

そのため、寝返りなど、体のちょっとした動きや腕の動きによって、肋骨までも痛いように感じてしまうのです。

 

慢性期の四十肩(五十肩)で肋骨も痛い場合には、危険なものと、痛みをかばうが故のものがあります。

 

もちろん、打撲など外傷があれば肋骨そのものを痛めているケースもありますが、まずは専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

肋骨まで痛い四十肩(五十肩)~慢性期だから?~

では、四十肩(五十肩)の慢性期で、肋骨まで痛みが出る場合の対処や注意点などについて書いていこうと思います。

 

慢性期に入った四十肩(五十肩)で、肋骨まで痛い場合、最も注意が必要なのが「内臓の問題」がある場合です。

 

中でも、心臓が代表的なものです。

 

しかし、その他の臓器でも、背中や胸などに痛みを出すことがありますので注意が必要です。

 

このような痛みの場合の特徴としては、肩をどのように動かしても、まったく動かさなくても痛みが出ることがある点です。

 

痛みが出る時間帯も様々で、夜中に痛くなる人もいますが、日中、何もしていないのに痛くなることもあります。

 

四十肩(五十肩)の急性期でも、中には動かしていないのに痛む、なんてことがありますが、珍しいものです。

 

慢性期になってから何もしなくても痛い、という場合、四十肩(五十肩)以外のものを疑った方が良いと思います。

 

その場合、速やかに専門医に相談する様にしてください。

 

では、肋骨の痛みが「筋肉」による場合の、対処法について書いていきます。

 

まずは、、胸の前や背中の大きな筋肉、大胸筋や広背筋といわれる筋肉が、四十肩(五十肩)では固くなりやすいです。

 

これらの筋肉は、肋骨に付着していることから「肋骨の動きに伴って痛みを出す」ことがよくあります。

 

このような場合の対処としては、ストレッチなどで筋肉の柔軟性を改善することが必要になります。

 

方法は、まず背中を曲げたり伸ばしたりを繰り返し、肋骨や背中全体を動かします。

 

そのうえで、手を後ろで組んで胸を開くようにする。

 

または、頭の後ろで手を組んで、肘を後ろに引くようにすると「大胸筋」がストレッチされます。

 

広背筋は、バンザイをした状態で、両手を組んで左右にゆっくり倒す、そして左右から少し斜め前に向かって倒すようにすると伸ばすことができます。

 

このように、四十肩(五十肩)の慢性期では、肩だけでなく、いろいろなところに痛みが出ることがあります。

 

まずは、危険なものであるかどうかを確かめた上で、しっかりとストレッチをしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
手の甲
四十肩(五十肩)の方で手の甲が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手の甲が痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。
骨に異常がない
四十肩(五十肩)で「骨に異常がない」と、医者に言われることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)で骨に異常がないと言われた場合の原因や対処法についてご説明します。
巻き肩
四十肩(五十肩)と巻き肩には密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と巻き肩の関係性について詳しく書いていきます。
神経痛
四十肩(五十肩)の方で、神経痛だと思って病院に行く方は結構いらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と神経痛との違い、その関係性について詳しく書いていきます。
広背筋
四十肩(五十肩)と広背筋にはとても密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と広背筋との関係性について詳しく書いていきます。
真横にあげると痛い
四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
後ろに回すと痛い
四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛いというケースがありますが何故でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
2年も続く
四十肩(五十肩)が2年も続くと訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が2年以上も続く場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
治った後コキコキ音
四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がするという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がする場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
腕はあがるけど捻じると痛い
四十肩(五十肩)で腕はあがるけど捻じると痛いという方がいらっしゃいます。ここでは、四十肩(五十肩)の腕はあがるけど捻じると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。