四十肩(五十肩)は可動域が制限される?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と可動域~固まると大変です~

四十肩(五十肩)の症状の代表的なものとして、可動域の制限というものがあります。

 

四十肩(五十肩)は痛みも強くつらいものですが、この可動域の制限も非常に強く起こりやすく、日常生活のあらゆる場面で困ることが多くあります。

 

今回は、この四十肩(五十肩)での可動域の制限について書いていこうと思います。

四十肩(五十肩)と可動域~制限はずっとつきまとう?~

四十肩(五十肩)の可動域の制限は、急性期から慢性期にわたってずっと付きまとう症状です。

 

はじめの急性期では、肩のなかで炎症が起き、強い痛みが出現します。

 

その痛みによって可動域の制限が起こります。

 

固まって動かせないのではなく、四十肩(五十肩)が痛いから動かせないといった感じです。

 

そのため、この時期には、自分では動かせないけど、誰かが腕を動かすと思ったより可動域はある、ということが起こります。

 

そのため、日常生活では四十肩(五十肩)になってない方の手で、なった方の腕を支えながら動かすようにする人が多いです。

 

急性期を過ぎると、今度は徐々に肩の関節周りが固まってきます。

 

もともと、肩回りの筋肉が固い方が多いうえに、強い痛みやかばって使うことが習慣化され、さらに肩周りの筋肉ががちがちになってきます。

 

そうすると、今度は、ほかの人が腕を動かそうとしても可動域の制限が出現してきます。

 

この時期には、腕があがりにくくなるだけでなく、肩を捻る動作や腕を外にもっていく動作、反対側の肩を触る動作も制限が徐々に出てくることが多いです。

 

さらに、炎症の影響で関節の一部(潤滑油の袋など)が癒着(べったりくっつくこと)してしまい、急激に可動域の制限が起こることもあります。

 

さらに、時期が進んで慢性期になると、いよいよ関節が固まってきます。

 

この時期になると、四十肩(五十肩)の痛みそのものは最もひどい時と比べると落ち着いていることがほとんどです。

 

関節はというと、筋肉はガチガチで、さらに関節を包む袋や靭帯なども短縮してしまうのでもはやにっちもさっちもいかないくらい可動域の制限が起こってきます。

 

  • 腕は肩の高さ以上挙がらない
  • ズボンの後ろのポケットにすら手が届かない
  • 外に全くねじれない

 

など、生活上困ることがものすごく多くなります。

 

このように、四十肩(五十肩)のどの時期をみても可動域の制限が付きまといます。

 

しかし、はじめのうちから適切な対応を行うことで、このような可動域の制限は軽くすることができます。

 

まずは適切な診断を受け、対応をしていきましょう。

四十肩(五十肩)で可動域の制限~痛くても動かした方がよい?~

では、四十肩(五十肩)で可動域の制限という症状があらわれた場合の注意点や対処について書いていこうと思います。

 

四十肩(五十肩)で可動域の制限がある場合の基本的な対処としては、無理やり動かさないということがあります。

 

どうしても固まったら嫌だからとか、我慢した方が動くと思ってとか、無理に動かそうとする方が多いです。

 

しかし、痛みを出してまで動かそうとすると、結局は肩の中の組織を傷めてしまうことになるので、決していいとは言えません。

 

もちろん動かさないよりは動かした方がよいのですが、強い痛みのない範囲で、しかもあまり肩に力が入り過ぎない、ということを意識して行うことが大切です。

 

筋肉が伸ばされるような心地よい痛みならOKです。

 

対処としては、急性期であれば、動かす時は反対側の手で腕を支えながら動かすことがポイントです。

 

以前も書きましたが、クッションなどを使って腕が楽な位置に常に置くようにする、ということも、いざ動かす時のための準備としては重要となります。

 

急性期をすぎると、周りの筋肉の固さが増してくることが多く、徐々に炎症もおさまってくるので、ゆっくりと痛みのない範囲で動かしていくとよいでしょう。

 

タオルや棒などをもって、両手をあげたり、あげたまま体を横に倒したりと、軽めの体操が有効です。

 

ぶらーんと腕を垂らして揺らす、などのリラクゼーションも有効です。

 

慢性期になると、本格的に固まってくる代わりに炎症もおさまり、痛みはほどほどになってきます。

 

こうなってくると、さらに積極的に(といいながらも無理はだめですが)動かしていくとよいでしょう。

 

ポイントは、肩の可動域の制限があるから肩ばかりを動かす、というよりも背中から肩甲骨、首などいろいろな部分を無理のない範囲で動かすことです。

 

痛みに関しては伸びた感じで多少痛い、というくらいなら大丈夫かと思います。

 

四十肩(五十肩)で可動域の制限は必ず起こります。

 

いろいろな方法がありますが、その状況によって行うべきことは異なります。

 

なので、可能なら医療機関で理学療法士によるリハビリや自宅で行うことの指導を受けてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

アルコール
四十肩(五十肩)にアルコールが悪いのかどうなのかを気にする方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)とアルコールとの関係についてご説明します。
腕立て伏せ
四十肩(五十肩)に腕立て伏せが良いのか?悪いのか?を気にされる方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)と腕立て伏せとの関係についてご説明します。
角度
四十肩(五十肩)は肩の角度によって症状の現れ方が違います。ここでは四十肩(五十肩)と肩の角度の関係についてご説明します。
肩こり
四十肩(五十肩)と肩こりに関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肩こりの関係についてご説明します。
僧帽筋
四十肩(五十肩)と僧帽筋という筋肉に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と僧帽筋の関係についてご説明します。
腱板損傷
四十肩(五十肩)と腱板損傷にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腱板損傷の関係についてご説明します。
筋膜
四十肩(五十肩)と筋膜にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と筋膜の関係についてご説明します。
産後
四十肩が産後に起きるということを聞いたことはありませんか?ここでは四十肩と産後の関係についてご説明します。
更年期
四十肩(五十肩)と更年期障害に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と更年期障害の関係についてご説明します。
寝起き
四十肩(五十肩)と寝起きに関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と寝起きの関係についてご説明します。
四十肩(五十肩)と雨に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と雨の関係についてご説明します。
運転
四十肩(五十肩)と車の運転に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と運転の関係についてご説明します。
重い物
四十肩(五十肩)と重い物を持つことは良くないことなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と重い物の関係についてご説明します。
痛み 期間
四十肩(五十肩)の痛みの期間は、どれくらいだと思えば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の痛みの期間についてご説明します。
水泳
四十肩(五十肩)に水泳が良いという話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と水泳の関係についてご説明します。
マットレス
四十肩(五十肩)にマットレス選びが大切という話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とマットレスの関係についてご説明します。
抱き枕
四十肩(五十肩)に抱き枕はあまり効果がなさそうという話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と抱き枕の関係についてご説明します。
スマホ
四十肩(五十肩)とスマホに関連性があるのか?という質問をいただくことがあります。ここでは四十肩(五十肩)とスマホの関係についてご説明します。
トリガーポイント
四十肩(五十肩)のトリガーポイントという言葉をご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とトリガーポイントの関係についてご説明します。
診断
四十肩(五十肩)の診断はどのように行われるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の診断についてご説明します。
糖尿病
四十肩(五十肩)と糖尿病との間に関係性はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と糖尿病の関係性についてご説明します。
むちうち
四十肩(五十肩)とむちうちとの間に関係性はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむちうちの関係性についてご説明します。
なる人
四十肩(五十肩)になる人とならない人の違いはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)になる人と、ならない人の特徴についてご説明します。
高校生
四十肩(五十肩)に高校生がなるなんていう話がありますが本当でしょうか?ここでは、高校生でも四十肩(五十肩)になるのかどうなのか?についてご説明したいと思います。
猫背
四十肩(五十肩)は猫背だとなりやすいのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と猫背の関係性についてご説明します。
寝相
四十肩(五十肩)と寝相には関係性があるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と寝相の関係性についてご説明します。
閉経
四十肩(五十肩)と閉経には関係性があるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と閉経の関係性についてご説明します。
リュック
四十肩(五十肩)の時に持つカバンはリュックが良いという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)にリュックは良いのかどうかについてご説明します。
ボルダリング
四十肩(五十肩)にボルダリングをやることは問題ないのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とボルダリングの関係についてご説明します。
血行
四十肩(五十肩)と血行の良し悪しは関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と血行の関係性についてご説明します。
予防・回避
四十肩(五十肩)は予防・回避できるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と予防・回避の関係性についてご説明します。
手術
四十肩(五十肩)になった方で手術が必要であることがあります。ここでは四十肩(五十肩)と手術の関係性についてご説明します。
保険適用
四十肩(五十肩)に保険適用できますか?というご質問をいただくことがあります。ここでは四十肩(五十肩)になった場合の保険適用についてお伝えします。
季節
四十肩(五十肩)を発症するのに季節は関係あるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と季節の関係性についてご説明します。
骨折
四十肩(五十肩)と骨折には深い関係があることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と骨折の関係性についてご説明します。
インピンジメント症候群
四十肩(五十肩)とインピンジメント症候群とは一体なにが違うのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とインピンジメント症候群の関係についてご説明します。
三角筋
四十肩(五十肩)で三角筋が痛いという方がいますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と三角筋の関係についてご説明します。
棘下筋(きょっかきん)
四十肩(五十肩)で棘下筋(きょっかきん)が痛いという方がいますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と棘下筋の関係についてご説明します。
リウマチ
四十肩(五十肩)でリウマチの心配をされる方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)とリウマチの関係についてご説明します。
運動不足
四十肩(五十肩)になった方で運動不足を気にされることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)と運動う不足の関係についてご説明します。
服の脱ぎ着
四十肩(五十肩)で服の脱ぎ着で困る方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)になった場合の服の脱ぎ着についてお伝えします。
リハビリが痛い
四十肩(五十肩)のリハビリが痛いということに不安を抱える方は多いようです。ここでは四十肩(五十肩)のリハビリが痛い場合の原因や対処法についてお伝えします。
予防接種
四十肩(五十肩)になって予防接種をしても良いのかどうかについて悩む方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で予防接種を受けて良いのかどうか等についてお伝えします。
自然に治る
四十肩(五十肩)になって自然に治る人がいるのはナゼでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で自然に治ることがあるのか?などについてご説明します。
一生治らない
四十肩(五十肩)になって一生治らないということはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)が一生治らないという噂についてご説明します。
効果的な薬
四十肩(五十肩)の痛みにとても効果的な薬を紹介します。あなたのつらい四十肩(五十肩)の痛みがこの薬でスッキリ解消されることを願っております。