四十肩(五十肩)と腱板損傷の関係

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と腱板損傷~切れてる?切れてない?~

「四十肩(五十肩)と思って病院にいったら腱板損傷(けんばんそんしょう)といわれた」

 

・・・なんてことがあります。

 

腱板損傷という病名は、四十肩(五十肩)ほどは有名でないので、初めて聞いたというかたも多いのではないでしょうか。

 

腱板損傷は、文字の通り、「腱板」が「損傷」している状態です。

 

腱板とは、肩の関節を支えている4つの筋肉の総称で、いわゆるインナーマッスルといわれるものです。

 

この腱板は小さな筋肉ですが、これらがしっかりと働くことによって肩が安定しつつも大きな範囲動くことができます。

 

腱板が損傷することによって関節がグラグラし、余計に傷がつきやすい状況になってしまうのです。

 

ここでは、四十肩(五十肩)と腱板損傷との関係についてご説明します。

四十肩(五十肩)と腱板損傷のちがいは?

では、四十肩(五十肩)と腱板損傷のちがいは?といわれると、実はこれがすごく難しい問題です。

 

理由としては、人によって四十肩(五十肩)というものの一つの具体的な病態として腱板損傷を含めている人もいるということ。

 

また、四十肩(五十肩)を、明らかな損傷などなく肩に痛みが出るもの、腱板損傷を腱板が傷んだことにより肩に痛みが出るもの、と分けている人もいます。

 

そもそも、四十肩(五十肩)という病名がいわゆる俗称であって、医師が使う診断名ではなく、一方で腱板損傷は診断名として使われる。

 

そのような違いもあるので、比較することそのものが難しいのかもしれません。

 

さて、では肩に痛みがあった場合に、腱板損傷なのかどうかを見分けていくポイントについて書いていこうと思います。

 

これは、やはり力の入り方が重要なポイントとなります。

 

先ほども書いたように、筋肉が切れている状態なので、その筋肉が働く方向の力が入らなくなってしまうのです。

 

日常生活で言えば腕はあがるし、肩の動きも大丈夫だけど、ある特定の方向に物を持ち上げようとしたときにカクッと力が抜けるという感じです。

 

体の横の方に手を伸ばしてペットボトルなどの軽いものを取ったときに力が抜けてしまうなどが多くあります。

 

簡単なチェックとしては、500mlのペットボトルをもって、体の横から上に手をあげていったときに力が抜ける感じがあるかどうか。

 

小さく「前へならえ」して手を外から内に、内から外に押してもらい抵抗できるかどうかなどがあります。

 

しかし、腱板損傷は速やかな医療機関のチェックを行わないと、さらに損傷を広げる可能性があります。

 

なので、まずは医療機関の受診をお勧めします!

四十肩(五十肩)と腱板損傷~状況によっては手術も必要~

四十肩(五十肩)の治療をしていて痛みはなくなったが、全然力が入るようにならないなんて方がいらっしゃいます。

 

腱板損傷という肩の中の筋肉が傷んだ状態のことです。

 

ここでは、この腱板損傷とわかった場合の注意点などについて書いていこうと思います。

 

腱板損傷の怖いところは、腱板が傷んでいることでまたさらに腱板を傷めてしまう、というところです。

 

肩の関節を支えるのが腱板の役割なので、一部だけ傷むだけでも肩の関節は不安定になってしまうからです。

 

さらに厄介なこととして、痛みを伴わないケースもあるというところもあります。

 

腱板損傷があっても痛みなどの症状がない方もいらっしゃるのです。

 

もちろん、損傷の程度が軽いから、ということもありますが。

 

このような腱板損傷の場合、やはりさらに損傷を広げないようにすることが重要です。

 

基本は、痛みのある動作をしないことですが、物へ手を伸ばすような動作などに注意が必要です。

 

要するに遠くへ手を伸ばす動作、特に体の横や後方に手を伸ばそうとする動作はかなり危険です。

 

そのほかの注意点としてはやはり重いものは持たないことや反対側の手を必ず補助として使うことです。

 

ペットボトル一つでもひょいと片手で持ち上げるのではなく、反対側の手を使うほうが良いでしょう。

 

それくらい損傷している腱板は大事にすべきなのです。

 

状況によっては腱板損傷では手術が必要となります。

 

単に傷んだところをつなぐだけでなく、周りとうまく働ける状況になるまでは一切肩を動かせないのでできるだけ避けたいところです。

 

腱板損傷の場合、こうやって書いてきたように四十肩(五十肩)の基本的な注意点を守ることが基本となります。

 

しかし、もっとも重要なのはいかに早く腱板損傷が起きているかどうかを診断してもらうことです。

 

どうかな?と思っているうちにさっさと医療機関で検査してもらうほうが良いと思います。

 

まずは一度でいいのでキチンとチェックをしてもらいましょう!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

アルコール
四十肩(五十肩)にアルコールが悪いのかどうなのかを気にする方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)とアルコールとの関係についてご説明します。
腕立て伏せ
四十肩(五十肩)に腕立て伏せが良いのか?悪いのか?を気にされる方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)と腕立て伏せとの関係についてご説明します。
角度
四十肩(五十肩)は肩の角度によって症状の現れ方が違います。ここでは四十肩(五十肩)と肩の角度の関係についてご説明します。
肩こり
四十肩(五十肩)と肩こりに関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肩こりの関係についてご説明します。
僧帽筋
四十肩(五十肩)と僧帽筋という筋肉に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と僧帽筋の関係についてご説明します。
筋膜
四十肩(五十肩)と筋膜にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と筋膜の関係についてご説明します。
産後
四十肩が産後に起きるということを聞いたことはありませんか?ここでは四十肩と産後の関係についてご説明します。
更年期
四十肩(五十肩)と更年期障害に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と更年期障害の関係についてご説明します。
寝起き
四十肩(五十肩)と寝起きに関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と寝起きの関係についてご説明します。
四十肩(五十肩)と雨に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と雨の関係についてご説明します。
運転
四十肩(五十肩)と車の運転に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と運転の関係についてご説明します。
重い物
四十肩(五十肩)と重い物を持つことは良くないことなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と重い物の関係についてご説明します。
痛み 期間
四十肩(五十肩)の痛みの期間は、どれくらいだと思えば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の痛みの期間についてご説明します。
水泳
四十肩(五十肩)に水泳が良いという話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と水泳の関係についてご説明します。
マットレス
四十肩(五十肩)にマットレス選びが大切という話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とマットレスの関係についてご説明します。
抱き枕
四十肩(五十肩)に抱き枕はあまり効果がなさそうという話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と抱き枕の関係についてご説明します。
スマホ
四十肩(五十肩)とスマホに関連性があるのか?という質問をいただくことがあります。ここでは四十肩(五十肩)とスマホの関係についてご説明します。
トリガーポイント
四十肩(五十肩)のトリガーポイントという言葉をご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とトリガーポイントの関係についてご説明します。
診断
四十肩(五十肩)の診断はどのように行われるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の診断についてご説明します。
糖尿病
四十肩(五十肩)と糖尿病との間に関係性はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と糖尿病の関係性についてご説明します。
むちうち
四十肩(五十肩)とむちうちとの間に関係性はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむちうちの関係性についてご説明します。
なる人
四十肩(五十肩)になる人とならない人の違いはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)になる人と、ならない人の特徴についてご説明します。
可動域
四十肩(五十肩)になると可動域が制限されるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と可動域の関係についてご説明します。
高校生
四十肩(五十肩)に高校生がなるなんていう話がありますが本当でしょうか?ここでは、高校生でも四十肩(五十肩)になるのかどうなのか?についてご説明したいと思います。
猫背
四十肩(五十肩)は猫背だとなりやすいのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と猫背の関係性についてご説明します。
寝相
四十肩(五十肩)と寝相には関係性があるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と寝相の関係性についてご説明します。
閉経
四十肩(五十肩)と閉経には関係性があるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と閉経の関係性についてご説明します。
リュック
四十肩(五十肩)の時に持つカバンはリュックが良いという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)にリュックは良いのかどうかについてご説明します。
ボルダリング
四十肩(五十肩)にボルダリングをやることは問題ないのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とボルダリングの関係についてご説明します。
血行
四十肩(五十肩)と血行の良し悪しは関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と血行の関係性についてご説明します。
予防・回避
四十肩(五十肩)は予防・回避できるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と予防・回避の関係性についてご説明します。
手術
四十肩(五十肩)になった方で手術が必要であることがあります。ここでは四十肩(五十肩)と手術の関係性についてご説明します。
保険適用
四十肩(五十肩)に保険適用できますか?というご質問をいただくことがあります。ここでは四十肩(五十肩)になった場合の保険適用についてお伝えします。
季節
四十肩(五十肩)を発症するのに季節は関係あるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と季節の関係性についてご説明します。
骨折
四十肩(五十肩)と骨折には深い関係があることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と骨折の関係性についてご説明します。
インピンジメント症候群
四十肩(五十肩)とインピンジメント症候群とは一体なにが違うのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とインピンジメント症候群の関係についてご説明します。
三角筋
四十肩(五十肩)で三角筋が痛いという方がいますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と三角筋の関係についてご説明します。
棘下筋(きょっかきん)
四十肩(五十肩)で棘下筋(きょっかきん)が痛いという方がいますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と棘下筋の関係についてご説明します。
リウマチ
四十肩(五十肩)でリウマチの心配をされる方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)とリウマチの関係についてご説明します。
運動不足
四十肩(五十肩)になった方で運動不足を気にされることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)と運動う不足の関係についてご説明します。
服の脱ぎ着
四十肩(五十肩)で服の脱ぎ着で困る方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)になった場合の服の脱ぎ着についてお伝えします。
リハビリが痛い
四十肩(五十肩)のリハビリが痛いということに不安を抱える方は多いようです。ここでは四十肩(五十肩)のリハビリが痛い場合の原因や対処法についてお伝えします。
予防接種
四十肩(五十肩)になって予防接種をしても良いのかどうかについて悩む方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で予防接種を受けて良いのかどうか等についてお伝えします。
自然に治る
四十肩(五十肩)になって自然に治る人がいるのはナゼでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で自然に治ることがあるのか?などについてご説明します。
一生治らない
四十肩(五十肩)になって一生治らないということはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)が一生治らないという噂についてご説明します。
効果的な薬
四十肩(五十肩)の痛みにとても効果的な薬を紹介します。あなたのつらい四十肩(五十肩)の痛みがこの薬でスッキリ解消されることを願っております。