四十肩(五十肩)は悪化する?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)は悪化する?~動かせばいいというものではない~

四十肩(五十肩)は悪化するんでしょうか?というご質問を受けることがあります。

 

今でも医師の中には放っておけば何をしてもしなくても治るという考え方の医師もいらっしゃるようです。

 

しかし、各時期を適切に過ごさず、負担をかけ続けると四十肩(五十肩)はやはり悪化します。

 

徐々に痛みが落ち着いてくる時期であっても痛みが持続したり、痛みが治まった後の動きの制限が非常に強くなったり、などいろいろと良いことはありません。

 

ここでは、そんな四十肩(五十肩)の悪化について書いて行こうと思います。

四十肩(五十肩)が悪化する原因は?

では、四十肩(五十肩)が悪化するのは、どんなことが原因として考えられるのでしょうか?

 

それは多くの場合、痛みのある動作を無理やり行うことと、姿勢の悪さといった生活習慣にあります。

 

四十肩(五十肩)のときに痛みのある動作を無理やり行うと、肩の中の小さな筋肉を傷つけることになり、さらに肩の骨が安定しなくなってしまいます。

 

その結果、肩の中で骨がこすれやすくなり痛みを出しやすくなるのです。

 

四十肩(五十肩)になった方で多いのが、痛くても我慢して動かしたほうがいいんでしょ?

 

というふうにおっしゃる方です。

 

日本人らしいといえばそうなのですが、痛みを我慢して乗り越えればその先には楽園が待っている、なんてことはあり得ません。

 

四十肩(五十肩)のときに痛いことをすることは、肩回りの組織を痛めつけているのと同じことです。

 

例えば、肩のあがりが悪くなったのでぶら下がり棒にぶら下がったり、雲梯(うんてい)等をしてしまう方がいます。

 

そんなことをすれば、余計な力は入るし、なにより肩の中の筋肉を傷つけるだけになります。

 

また、無理やり痛い動作をするとまではいかなくとも、仕事などで手を使うことが多い方は要注意です。

 

それ以外の悪化の要因として挙げられるのが、姿勢です。

 

四十肩(五十肩)の人が単純に姿勢が悪いと、肩は挙がりにくくなります。

 

肩甲骨という肩の関節を作る骨は背中に浮いているような状態になっており、姿勢によってその動きがもろに影響を受けてしまうのです。

 

逆にこの肩甲骨の動きが柔軟であり、しなやかであることはとても大切なことです。

 

プロ野球のピッチャーなどは、とても柔軟な肩甲骨の動きができることで知られています。

 

四十肩(五十肩)は適切な対処をおこなわないと悪化の一途をたどるだけでなく、完治できなくなることがあります。

四十肩(五十肩)の悪化~悪化を防ぎたい!~

四十肩(五十肩)が悪化することが結構あることは先に書きましたが、実際にどのようなことに注意すればよいのでしょうか?

 

基本的には、四十肩(五十肩)といっても、肩の中で起こっていることは人によって異なります。

 

  • 肩を支えている筋肉が切れている場合
  • 傷ついている程度の場合
  • 肩の関節の周りにある軟骨が傷んでいる場合

 

などなど細かい原因は様々です。

 

できれば医療機関を受診し、医師の診断を仰いだほうが望ましいと考えられます。

 

四十肩(五十肩)の悪化を防ぐ注意点として、痛いと思う頻度を極力減らすことが大切です。

 

  • 痛みの強い時期
  • 夜中に痛みがある時期
  • 痛みはないが動きの制限が強くなる時期

 

各時期、共通して痛みのある動作は極力避けましょう。

 

最後の時期である「痛みはほとんどないが動きの制限が強くなる時期」くらいになると、ちょっと痛いけど大丈夫というくらいの体操やストレッチは行った方がよいでしょう。

 

しかし、その時期の見極めもとても難しいものです。

 

四十肩(五十肩)を悪化させないために、具体的にどれだけ動かさない方がいいのかというと、痛みがない範囲なら動かしてOK、というのが原則です。

 

手を挙げるにしても、肩の高さ以上には挙げないというくらいの注意が必要です。

 

周りのものを取るにしても反対側の手を使うようにする、体をねじったり、一歩進んだり、肩を大きく動かさなくて済むように別の場所を動かすようにすることで肩の負担は大きく変わってきます。

 

面倒かもしれませんが、その積み重ねが四十肩(五十肩)の悪化を予防し、治っていく良いレールに乗せるポイントなのです。

 

それでも手を使うなというのは難しいですから、どうしても痛みが出ることもあるでしょう。

 

ですから、痛みが強い場合は医療機関で内服薬や注射を使う、という手もあります。

 

(注射を打ったからといって手を動かしてよいことにはなりませんが…)

 

四十肩(五十肩)を悪化させないために、まずは痛みのある動作を避ける!

 

これだけでも心がけるようにしてください。

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

急性期・慢性期
四十肩(五十肩)には、急性期と慢性期があります。ここでは四十肩(五十肩)の急性期・慢性期についてご説明します。
きっかけ
四十肩(五十肩)になるには、何かしらのキッカケがあるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)のきっかけについてご説明します。
防ぐ
四十肩(五十肩)を防ぐということは可能なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を防ぐことについて、少し掘り下げてお話したいと思います。
モヤモヤ血管
四十肩(五十肩)にはモヤモヤ血管が影響しているという話がありますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とモヤモヤ血管との関係性についてご説明します。
筋力トレーニング
四十肩(五十肩)に筋力トレーニングの最中になってしまう方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉トレーニングの関係についてご説明します。
つり革
四十肩(五十肩)でつり革を持つのがツラいという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)とつり革の関係についてご説明します。
前兆
四十肩(五十肩)になるには、何かしらの前兆があるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の前兆についてご説明します。
ストレス
四十肩(五十肩)とストレスには、何かしらの関係性があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とストレスとの関係についてご説明します。
完治
四十肩(五十肩)になッた場合、それは完治できるものはのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の完治についてご説明します。
応急処置
四十肩(五十肩)になった場合、応急処置はどのようにすれば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の応急処置についてご説明します。
無理やり動かす
四十肩(五十肩)で痛いのに無理やり動かすという方がいますが、問題ないのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を無理やり動かすことについてご説明します。
癒着
四十肩(五十肩)が癒着するというのは本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と癒着の関係についてご説明します。
拘縮(こうしゅく)
四十肩(五十肩)になった場合、拘縮(こうしゅく)になった、といわれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)の拘縮についてご説明します。
利き腕
四十肩(五十肩)は利き腕の方がなりやすいのでしょうか?ここでは、四十肩(五十肩)と利き腕の関係性についてご説明します。
似た症状
四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患は結構あるものです。ここでは四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患の種類や原因、対処法についてご説明します。
どんな痛み
四十肩(五十肩)ってどんな痛みなのか?というのは、初めての方にとっては、けっこう疑問なのかも知れません。ここでは四十肩(五十肩)がどんな痛みなのか?についてご説明します。
何科
四十肩(五十肩)になって何科に行けばよいのか?また治療院や整体院へ行くのはどうなのか?と悩む方は多いようです。ここでは四十肩(五十肩)は何科へ行けばよいのかについてご説明します。