四十肩(五十肩)と親指のしびれ〜実は四十肩より厄介?〜

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と親指のしびれ〜実は四十肩より厄介かも〜

四十肩(五十肩)になった人のなかには、肩の痛みや動きづらさだけでなく、親指のしびれを訴える人がいます。

 

親指のしびれに限らず腕がしびれた感じがする、小指がしびれるなど様々な場所にしびれを訴えるケースが結構あるのです。

 

では、このような親指のしびれはなぜ起こるのでしょうか?

 

今回は、四十肩(五十肩)と親指のしびれについて書いていこうと思います。

四十肩(五十肩)で親指のしびれが出る原因は?

四十肩(五十肩)で親指のしびれが出る原因は何でしょうか?

 

四十肩(五十肩)で親指がしびれる場合、最も疑うべきものは、首からの症状が合併しているケースです。

 

頚椎(けいつい)椎間板ヘルニアなどを四十肩(五十肩)に合併している場合、首の神経の圧迫や刺激の影響で親指がしびれてきます。

 

(もちろん刺激する場所によって親指以外もしびれることがあります)

 

この場合の厄介なところは、しびれるだけでなく進行すると特定の筋肉がマヒしてしまい、その期間が長くなると元に戻るのに何年もかかってしまうことがあるのです。

 

神経が障害されることはそれだけ厄介なのです。

 

次に、四十肩(五十肩)で親指がしびれる原因として、同じく神経の影響で、手首で神経を圧迫している場合があります。

 

これは「手根管症候群」といって、親指に行く神経が刺激されることが多いのです。

 

これも、ヘルニアと同様に特定の筋肉にマヒがおこることもあり、注意が必要になります。

 

そのほか、四十肩(五十肩)で親指がしびれるケースでは、筋肉からくる場合があります。

 

トリガーポイントという筋肉の中にあるコリのような部分が刺激されると、その筋肉とは離れた場所に、しびれた感じが出ることがあります。

 

これは結構不快な症状で、波があります。

 

神経の症状がピリピリ、電気が走るなどと表現される一方で、重い、だるい、不快という表現が多いのも特徴的です。

 

また、筋肉とからんだ親指のしびれで言えば、腱鞘炎になっていて親指がしびれたような感じになる場合があります。

 

四十肩(五十肩)と腱鞘炎は意外に合併することが多くあります。

 

好発年齢が同じというところもあり、よく治療を並行して進めていくことも多いです。

 

四十肩(五十肩)で親指がしびれる場合、神経が絡んでいると非常に治りにくく、厄介です。

 

まずは、医療機関を受診し、しびれの原因をはっきりさせることをお勧めします。

四十肩(五十肩)と親指のしびれ〜姿勢や手の使い方が大切〜

四十肩(五十肩)は、実はいろいろな「別のもの」が合併しやすいです。

 

そのなかで「親指のしびれ」は比較的多いものです。

 

これは、四十肩(五十肩)に先になるのか、親指のしびれが先なのかはわかりません。

 

では、親指のしびれに対する注意点や、対策について書いていこうと思います。

 

四十肩(五十肩)で親指がしびれる場合、最も注意すべきは神経の問題です。

 

先にも書いたように、頚椎(けいつい)椎間板ヘルニア、手根管症候群などがあります。

 

姿勢の問題や、四十肩(五十肩)をかばっての使い方などが原因としてあります。

 

姿勢については少し見直すだけでも、かなり効果が認められています。

 

常にピシッとする必要はなく、腕をあげる際に少し背中を伸ばすだけでもよいのです。

 

姿勢の悪いまま、肩や腕を動かさない、その基本が意外にできない方が多いのです。

 

もちろん、首からくることも考えると、首をあまり大きく反らすことはお勧めできません。

 

手根管症候群は手首の問題ですが、パソコン作業や長時間の運転など、意外に四十肩(五十肩)になりやすいシチュエーションでもなるのです。

 

対策としては、単純に作業の途中に肩から腕全体の脱力を心がけるだけでも効果があります。

 

首の問題、手首の問題それぞれありますが、何より大切なのは、親指のしびれの原因をキチンと確かめることです。

 

先にも書いたように、神経の症状があった場合、放っておくと治るのに何年もかかったり、酷い場合は治らなかったりします。

 

もはや、四十肩(五十肩)が問題ではなくなってしまうのです。

 

四十肩(五十肩)で親指がしびれる原因としてトリガーポイントといわれる筋肉の強いコリのような状態や腱鞘炎などのことも前述しましたね。

 

どちらにしても四十肩(五十肩)の影響で、腕全体の筋肉の緊張が強くなっている状態が原因と考えられます。

 

神経の問題の時と同じように、姿勢に気を付ける、肩から腕の脱力を心がける、というのは同じです。

 

それに加えて、「手を振る」というのが効果的です。

 

単にぶらぶらするだけなのですが、ウォーキングなども、実は四十肩(五十肩)に効果的であることとつながります。

 

歩くときに意識して手の振りを(痛みのない範囲で)大きくしていくことは意外に効果があるのです。

 

痛みのある所を無理に動かすより、痛みのないところを大きく動かす、というのは四十肩(五十肩)に限らず関節や筋肉の痛みの対策の基本となります。

 

親指のしびれは、むしろ四十肩(五十肩)よりも注意が必要な症状です。

 

きっちりと原因を把握したうえで、姿勢や脱力を心がけてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。