四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係とは?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と腕のしびれ〜肩は痛いし腕はしびれるし…〜

四十肩(五十肩)には様々な症状があります。

 

中には、腕のしびれもあわせて訴える方もいらっしゃいます。

 

肩を動かしてもあまり痛くないけど、肩から腕、背中にずっと鈍痛があるというケースもあります。

 

四十肩(五十肩)で腕のしびれが出る場合にはどんな原因が考えられるのでしょうか?

 

ここでは、四十肩(五十肩)に腕のしびれが伴なう場合の、原因や対処法についてご説明します。

四十肩(五十肩)で腕のしびれが出る原因は?

四十肩(五十肩)の人に腕のしびれが現れる原因は何でしょうか?

 

まず考えられる原因は、肩回りの筋肉、特に腱板(けんばん)と言われる肩を支える筋肉からくる腕のしびれです。

 

筋肉には、四十肩(五十肩)に限らず、たくさん使われて疲労などが蓄積すると、その筋肉とは離れた場所に重だるいような、しびれたような症状を出す、という特徴があります。

 

これを、トリガーポイントといいます。

 

トリガーポイントを手で圧迫すると、押されたところ以外に広がるようなジーンというしびれ症状が出現することあります。

 

さらに、四十肩(五十肩)で腕のしびれが出る原因として、肩の中の炎症が強いことで起きることがあります。

 

肩の関節を包む袋(関節包)には痛みを感じる神経が多くあり、ここが炎症で刺激されると広がるような鈍痛を出すのです。

 

それを「腕のしびれ」と表現されるわけですね。

 

また、ここまで書いた腕のしびれの原因は神経以外のものですが、神経からくる腕のしびれもよくあります。

 

肩の後ろの筋肉が硬くなり、隙間を通る神経を圧迫して肩の横や腕にしびれを出すケースがあります。

 

それ以外では、首からくるしびれもよくあることです。

 

いわゆる頚椎椎間板ヘルニアも併せて合併していることがあります。

 

四十肩(五十肩)になりやすい原因の一つとして姿勢の悪さというものがあります。

 

姿勢が悪いと、当然頸椎(けいつい)にも大きな負担をかけていることになります。

 

完全に同時に発症することはほとんどないのですが、四十肩の痛みのせいで姿勢が悪くなって頸椎を傷め、腕にしびれが出ることはよくあることです。

 

神経の問題でなくても、腕のしびれが出ることはよくあります。

 

まずは医療機関できちんと四十肩(五十肩)と共に、腕のしびれの原因を判断し、適切な治療を行っていきましょう。

四十肩(五十肩)と腕のしびれ〜神経からだと大変?〜

四十肩(五十肩)の症状には様々あり、腕のしびれもよくある症状です。

 

さて、それでは四十肩(五十肩)で腕にしびれが出た場合にはどのようなことに注意すればよいのでしょうか?

 

まずは、医療機関を受診し、きちんとチェックすることをお勧めします。

 

四十肩で腕にしびれが出る原因には、首の神経からくるものもあれば、神経が全く関係ないものもあります。

 

首の神経が絡んでいる場合、ひどくなると筋力がマヒしたり、感覚がなくなったりすることがあります。

 

また、治るのにとても時間がかかったり、最悪のケースでは「治らない」ということもあるのです。

 

こうなるのを防ぐには「初期治療」が大切です。

 

まずは、四十肩(五十肩)の診断と共にチェックをして、首の神経の要素があるかどうかを確かめることが最重要です。

 

腕のしびれの原因が頚椎(けいつい)から来ている場合、肩の動きによって症状が出たり、変化したりすることはありません。

 

首を動かすことで変化することがあったり、ある方向に動かしたりしたときに肩甲骨や腕にびりっとした痛みが出ることが多いです。

 

このような場合、肩そのものは痛みがなければ、むしろ積極的に動かしたほうがよいことが多いです。

 

首の方は、あまり動かさないように注意してください。

 

また、肩の周りの筋肉が固まって腕にしびれが出る場合ですが、この場合は肩は痛みがある方向へは動かさないようにするのが良いです。

 

痛みを感じた瞬間に肩回りの筋肉は防御的に固まろうとするので注意が必要です。

 

肩甲骨を回す、背中を曲げたり、伸ばしたり、など肩以外の部分を積極的に動かす方が良いと思います。

 

痛みが特定の方向だけで、動かせる方向が多いようであれば、軽く肩を伸ばすようなストレッチは有効でしょう。

 

炎症が強い時期にも腕にしびれが出ることがあります。

 

炎症があると、関節を包む袋を刺激してしまうのでそれが原因となって、しびれ症状が出ることがあるのです。

 

この場合は、夜間の痛みが強い時期ですので、そもそもの四十肩(五十肩)の対処と同じで大丈夫です。

 

つまり、いかに楽な位置を探すか、手の置きどころを探すか、というところが注意点となります。

 

四十肩(五十肩)の場合の腕のしびれには注意が必要なことが多いです。

 

まずは、きっちり状態をチェックして、適切に対処していきましょう!

スポンサードリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。