四十肩(五十肩)と足ツボの関係は?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と足ツボ〜やってみる価値あり?〜

四十肩(五十肩)に足ツボは効果があるものなのでしょうか?

 

四十肩(五十肩)は治るまでに時間がかかることが多く、痛みも強いものです。

 

そのため、肩だけでなく、本来体がもつ治るための力がしっかりとしていなければいけません。

 

その本来治るための力に対して効果的なのが、足ツボです。

 

実は、四十肩(五十肩)にも足ツボは効果的とされています。

 

ツボというと、多くの方が「血行がよくなるんでしょ?」というイメージをお持ちでしょうが、決してそれだけではありません。

 

経絡(けいらく)という気の流れをよくして、本来人間が持つ力を発揮しやすい状態にしていくとされています。

 

ここでは、四十肩(五十肩)に対する足ツボの効果性についてご説明します。

四十肩(五十肩)に足ツボが効果的な理由は?

四十肩(五十肩)に足ツボが有効である理由が、本来人間が持つ治る力を活性化させることにあるというのは前述しました。

 

しかし、それ以外にも有効と言える理由があります。

 

四十肩(五十肩)は、痛みがとても強くなることもしばしばで、痛みのある肩そのものへの治療はなかなか難しいこともあります。

 

そのため、肩から離れたところからでも肩へ影響を及ぼせる足ツボは、肩の痛みを悪化させない刺激の方法として、非常に有効といえるでしょう。

 

肩の痛みを伴わずに治療を進められるので、とても行いやすく、続けやすいものだとも言えます。

 

基本的に、四十肩(五十肩)の治療の原則として、痛みの少ない治療、痛みのない範囲での運動、というものがあります。

 

なので、その原則にもぴったりあう方法として足ツボは有効です。

 

ただし、足ツボのイメージとしてバラエティー番組で芸人さんがやっているような罰ゲームみたいなやり方はお勧めしません。

 

(リアクションをとるなら最適ですが)

 

ツボ押しの原則は、「痛気持ちいい」程度の圧力で、じんわりと行うことです。

 

これを意識しないと逆効果になることも多く、注意が必要となります。

 

はじめは、足のツボを軽くもみほぐすような感じだけでも十分であるといわれています。

 

足ツボだけで四十肩(五十肩)がすぐに治ることはないかもしれませんが、自分が本来持つ治す力を活性化させるには良い方法です。

 

また、何より簡単に取り組めることが魅力です。

 

四十肩(五十肩)になった場合、まずはゆっくりと足ツボへの刺激を試してみてはいかがでしょうか?

四十肩(五十肩)と足ツボ〜どうやって押しましょう?〜

四十肩(五十肩)になったときに足ツボも一つの治療法として有効であるということは先ほども書きました。

 

では、四十肩(五十肩)にとって有効な足ツボやその押し方、逆に注意すべき点などを書いていこうと思います。

 

四十肩(五十肩)は、そもそも片方の肩でなることが多いです。

 

そのため、右肩が悪いときには右足を、左肩が悪いときには左足を刺激することが基本になります。

 

ツボの知識がなくても、日ごろから両足を揉むことで四十肩(五十肩)の予防にもよい影響を与えるため、足のマッサージや青竹ふみなどもおすすめします。

 

さて、四十肩(五十肩)にとって有効な足ツボの代表的なものとして四十肩・五十肩点があります。

 

四十肩・五十肩点は、薬指と小指の股の間から、まっすぐ下がったふくらみの部分に位置します。

 

もう一つの代表的なツボとして、肩(かた)があります。

 

人差し指の付け根の下から小指の方向に、首から肩に効くツボが並んでいます。

 

この部分を刺激すると、首から肩への血液の流れがスムーズになり、肩のこりが徐々にほぐれていくのが実感できるとされています。

 

足ツボを「押す」ときの基本としては、押す時は手の指のはらを使います。

 

点ではなく、指の面で押す一番基本的な方法です。

 

やや強めに、ひと押し3〜5秒でしてゆき、ゆっくりと離します。

 

主観的には「痛気持ちいい」くらいがちょうどよいでしょう。

 

さらに「揉む」場合は、指先というよりも手のひらを使うと効果的です。

 

固いところであれば、こぶしを使うのもよいでしょう。

 

「たたく」という方法もあります。

 

同じく握りこぶしや手のひらを用いて気持ちいい程度でトントンと叩いてみるとよいでしょう。

 

ただし、足ツボを押すのがあまり良くないときもあります。

 

  • 痛みなどがでて間もない急性期
  • つぼの周辺に怪我や火傷、炎症などの異常がある場合
  • 飲食後30分以内
  • 発熱がある時
  • 飲酒したあと
  • サウナの後
  • 手術のあと
  • 妊娠中

 

・・・などです。

 

これらの状態になくても、体の調子を見て足ツボをやるかどうかを判断できるようになるとよいのではないかと思います。

 

足ツボは使いようによって四十肩(五十肩)に非常に有効な治療法です。

 

できる範囲で続けてみてください。

スポンサードリンク

関連ページ

マッサージ
四十肩(五十肩)にマッサージが効果的なのかどうか意見が分かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)とマッサージとの関係について原因や対処法をお伝えします。
アイシング
四十肩(五十肩)にアイシングが効果的なのかどうか意見が分かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)とアイシングとの関係についてお伝えします。
温め
四十肩(五十肩)に温めることが効果的なのかどうか意見が分かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)と温めることの関係についてお伝えします。
お灸
四十肩(五十肩)にお灸が効果的なのかどうか意見が分かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)とお灸の関係についてお伝えします。
お風呂
四十肩(五十肩)にお風呂が効果的なのかどうか意見が分かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)とお風呂の関係についてお伝えします。
サポーター
四十肩(五十肩)にサポーターが効果的なのかどうかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)とサポーターの関係についてお伝えします。
サプリ
四十肩(五十肩)にサプリが効果的なのかどうかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)とサプリの関係についてお伝えします。
食べ物
四十肩(五十肩)に食べ物が効果的なのかどうかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)と食べ物の関係についてお伝えします。
テーピング
四十肩(五十肩)にテーピングが効果的なのかどうかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)とテーピングの関係についてお伝えします。
葛根湯
四十肩(五十肩)に葛根湯が効果的なのかどうかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)に対する葛根湯の効果性についてお伝えします。
アンメルツ
四十肩(五十肩)にアンメルツが効果的なのかどうかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)に対するアンメルツの効果性についてお伝えします。
エレキバン
四十肩(五十肩)にエレキバンが効果的なのかどうかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)に対するエレキバンの効果性についてお伝えします。
サロンパス
四十肩(五十肩)にサロンパスが効果的なのかどうかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)に対するサロンパスの効果性についてお伝えします。
生理食塩水
四十肩(五十肩)に生理食塩水が効果的なのかどうかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)に対する生理食塩水の効果性についてお伝えします。
針治療
四十肩(五十肩)に針治療が効果的なのかどうかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)に対する針治療の効果性についてお伝えします。
寝方
四十肩(五十肩)の寝方ってどうすれば効果的なのかを聞かれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)に対する寝方の効果性についてお伝えします。
輪ゴム
四十肩(五十肩)に対して輪ゴムを使った筋力トレーニング方法があります。ここでは四十肩(五十肩)の輪ゴムトレーニングについてお伝えします。
振り子運動
四十肩(五十肩)に対して振り子運動を行うという方法があります。ここでは四十肩(五十肩)の振り子運動についてお伝えします。
低周波
四十肩(五十肩)に対していわゆる低周波治療器というものは効果的なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と低周波についてお伝えします。
ホッカイロ
四十肩(五十肩)に対してホッカイロは効果的なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とホッカイロについてお伝えします。
揉む
四十肩(五十肩)を揉むことは効果的なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を揉むことについてお伝えします。
アリナミンex
四十肩(五十肩)をアリナミンexは効果的なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)にアリナミンexが効果的かどうかについてお伝えします。
マグネシウム
四十肩(五十肩)はマグネシウムが不足することで起きるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とマグネシウムの関係性についてお伝えします。