四十肩(五十肩)と脳梗塞の関係は?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と脳梗塞~実は結構よくあること~

四十肩(五十肩)になった方で、実はもともと軽い脳梗塞を持っていたという方がいらっしゃいます。

 

また、脳梗塞を発症し入院して治療を進め、麻痺が徐々に回復していったのちに四十肩(五十肩)になる、なんてこともあります。

 

では、四十肩(五十肩)と脳梗塞には、どんな関係性があるのでしょうか?

 

今回は、そのような四十肩(五十肩)と脳梗塞の関係について書いていこうと思います。

四十肩(五十肩)と脳梗塞の関係性は?

四十肩(五十肩)と脳梗塞の関係ですが、直接的な関連性はありません。

 

四十肩(五十肩)になったから脳梗塞になりやすいということはありませんが、脳梗塞の後遺症で四十肩(五十肩)になるリスクが増す、ということくらいはあるようです。

 

そもそも、脳梗塞は脳の中の血管が様々な理由で詰まってしまい、詰まった血管の先の脳の組織が損傷してしまうというものです。

 

この脳梗塞自体に誤解があることも多いのですが、基本的には完全に治ることはありません。

 

(どこまでかは詰まった血管の太さや脳の損傷の程度によります)

 

芸能人が脳梗塞から復活!なんて言われることがありますが、後遺症がある中で、ということを忘れてはいけないように思います。

 

さて、そんな脳梗塞の後遺症で四十肩(五十肩)になるリスクが増すということですが、脳梗塞の症状として、いわゆる麻痺があります。

 

頭から筋肉へ縮め、ゆるめ、という指令が行くのですが、そのコントロールがうまくいかなくなるわけです。

 

そのため、働いてほしいタイミングで筋肉が働かなかったり、本来は働かなくてよい筋肉まで働いてしまったり、なんてことが起こります。

 

脳梗塞発症してすぐは、全体的に筋肉が麻痺することが多く、軽い脳梗塞でも実は肩を支える筋肉がうまく力を発揮できない、という状況になっていることが多いです。

 

それでも肩を動かすことはできることもあるので、肩を支える筋肉は働きにくい状態で、肩や腕を動かそうとすると関節がグラグラする、うまく制御できない、というのは容易に想像がつくかと思います。

 

そのため、肩の中の組織を傷つけやすくなってしまうのです。

 

脳梗塞がだいぶ良くなり、回復した後も日常生活にほとんど影響のない状態でも肩の中の筋肉に実は軽い麻痺がある、ということもあります。

 

なので、こうなると四十肩(五十肩)になるリスクをずっと背負うことになります。

 

残念な話ですが、脳梗塞で麻痺があり、腕があまり動かせない時期に、医療機関でリハビリ等をすることがあるのですが、その場面で無理やり動かしてしまい、中の筋肉を実は傷めている、というケースもあるようです。

 

(もちろん配慮しておこなうことが前提なのですが)

 

この時期には麻痺があり、腕を動かせないので多少肩の中が痛んだにしても痛みが強く出るわけではありません。

 

そのため、患者さんも気づきにくいという難点があります。

 

もちろんリハビリ等で麻痺した腕を動かすことは絶対に必要なことなのですが。

 

このように脳梗塞になった場合には四十肩(五十肩)になるリスクは非常に大きくなります。

 

もちろん脳梗塞にならないことが一番なので健診などは定期的に受けるようにお勧めします!

脳梗塞のあとの四十肩(五十肩)~無理しちゃだめよ~

四十肩(五十肩)になった方の中で、脳梗塞の後遺症を持っている方や、脳梗塞になった後に四十肩(五十肩)になったという方がいらっしゃいます。

 

ここでは、そのような脳梗塞で四十肩(五十肩)になった場合や、その2つが合併している場合の注意点や対処について書いていこうと思います。

 

注意点を書く上で非常に重要なことなのですが、まず大前提として脳梗塞になってしまった場合、その麻痺の症状が完全に治ることはないということがあります。

 

どうしても治ると思ってしまう方が多いのですが、完全に治癒することはありません。

 

もちろん、脳梗塞の程度に左右されはしますが、一度血管が詰まり、影響を受けた脳の組織は二度と回復はしません。

 

ただし、リハビリ等によって腕が動かしやすくなったり、日常生活で困らなくなったりする、ということはあります。

 

脳梗塞で四十肩(五十肩)になった場合、最も怖いのは肩を支える筋肉が麻痺の影響でうまく働きにくい、ということです。

 

四十肩(五十肩)になる場合、ただでさえ、肩の中の筋肉である腱板を傷つけて働きが悪くなるのに、脳梗塞の影響でさらに腱板が働きにくいとなると、治りも悪くなって当然です。

 

そのため、ただの四十肩(五十肩)よりも、もっと腱板を傷めないような注意が必要になります。

 

簡単な注意としては、体の横に手を伸ばさない、そもそも遠くに手を伸ばさないようにする、などです。

 

重いものを持つのも、できる限り避けた方が良いと考えられます。

 

動かす練習は、ぜひぜひした方がよいです。

 

しかし、まずは痛みのない範囲で、という原則をちゃんと守れるかが重要です。

 

肩甲骨周りの筋肉は、比較的脳梗塞による麻痺の影響を受けにくいため、肩甲骨を柔軟に動かす体操を行っておくことも非常に大切なポイントかと思います。

 

四十肩(五十肩)と脳梗塞が併発している場合、まずは脳梗塞に対する治療を医療機関で適切に受けながら、四十肩(五十肩)に対する注意点をきっちりと守る、という基本的なことが大切になります。

 

まずは医療機関で脳梗塞の状態をきちんとチェックしながら、四十肩(五十肩)への対処を勧めていきましょう!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
手の甲
四十肩(五十肩)の方で手の甲が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手の甲が痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。
骨に異常がない
四十肩(五十肩)で「骨に異常がない」と、医者に言われることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)で骨に異常がないと言われた場合の原因や対処法についてご説明します。
巻き肩
四十肩(五十肩)と巻き肩には密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と巻き肩の関係性について詳しく書いていきます。
神経痛
四十肩(五十肩)の方で、神経痛だと思って病院に行く方は結構いらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と神経痛との違い、その関係性について詳しく書いていきます。
広背筋
四十肩(五十肩)と広背筋にはとても密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と広背筋との関係性について詳しく書いていきます。
真横にあげると痛い
四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
後ろに回すと痛い
四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛いというケースがありますが何故でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
2年も続く
四十肩(五十肩)が2年も続くと訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が2年以上も続く場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
治った後コキコキ音
四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がするという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がする場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
慢性期 肋骨が痛い
四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛いという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
腕はあがるけど捻じると痛い
四十肩(五十肩)で腕はあがるけど捻じると痛いという方がいらっしゃいます。ここでは、四十肩(五十肩)の腕はあがるけど捻じると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。