四十肩(五十肩)が癒着したらどうする?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と癒着~動かないんです~

四十肩(五十肩)になった場合、強い動きの制限が出ることがあります。

 

医療機関では「癒着がある」ということで、少しずつリハビリしましょうなんて言われることが多いのではないでしょうか。

 

そもそも「癒着」という言葉自体、耳慣れない方も多いかもしれません。

 

癒着とは、いわゆるある組織と、そのすぐ隣にある組織がベッタリとくっついてしまうような状態です。

 

雑なイメージとしては、古いガムテープをはぐ時のようなネチネチした感じでしょうか。

 

今回は、四十肩(五十肩)が癒着を起こした場合の原因や対処法について書いていきたいと思います。

四十肩(五十肩)が癒着するのは良くあること?

実は、四十肩(五十肩)で癒着がある、ということは珍しいことではありません。

 

最もよくあるのが、「滑液包(かつえきほう)」といわれる骨と筋肉の間や、筋肉同士の間にある潤滑油の袋が炎症により腫れてしまい、その周りの組織と癒着することです。

 

四十肩(五十肩)の場合では「肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)」といわれる袋と、周りの筋肉が癒着を起こすことが非常に多いです。

 

軽い癒着であれば、腕があがりにくい、脇をしめると肩が下がったようになり痛い、などの症状のみです。

 

癒着している範囲が肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)だけにとどまらず、肩の後ろや肩の関節の下付近の関節包と周りの組織が癒着を起こすと、非常に強い動きの制限を出すことが知られています。

 

腕を挙げても、肩の高さくらいまでしかあがらない、外にひねろうと思っても全くひねれない、反対側の肩を触ろうにも触れない、など強い制限が出てしまうこともあります。

 

四十肩(五十肩)の癒着により、あまりにも強い制限がある場合、時には「手術」が選択されることもあります。

 

癒着を手術によって剥いで行くのです。

 

まさに、ガムテープを手術によってベリベリとはいでいくような感じでしょうか。

 

四十肩(五十肩)の癒着は非常に強い痛みがある時期のあとに起こることが多く、やはり炎症が起きたことが影響していると考えられています。

 

動きの制限があることは非常に困るのですが、せめてもの救いとしてはこの時期には痛みが強くないことが多いということです。

 

もちろん無理やり動かせば痛いのですが。

 

癒着を起こした場合は、無理やり動かしてもいいことは決してありません。

 

まずは、どのような状態かをきちんと専門家に判断してもらい、ゆっくりと動かしていってみてください!

四十肩(五十肩)が癒着して動かない~焦らずゆっくりゆっくり~

四十肩(五十肩)になったときに強い動きの制限が出てしまい、肩の中で癒着がおこっている、と診断されることがあります。

 

とても珍しいというわけではなく、肩の強い痛みがおさまった後によくある症状の一つです。

 

ここでは、そんな四十肩(五十肩)で癒着が起こってしまった場合の注意点や対処について書いていこうと思います。

 

四十肩(五十肩)で癒着が起こってしまった場合、何よりも大切なのは「無理やり動かさないこと」です。

 

癒着のせいで骨の動きが適切に起きず、無理に動かすと骨同士がこすれるだけになってしまうのです。

 

さらに癒着しているのが筋肉であることも多く、無理に引っ張ると筋肉を傷めてしまうこともあります。

 

こうなると、また四十肩(五十肩)による炎症が強く起きてしまい、結局最初に戻ってしまうことになるのです。

 

癒着が起きている場合には、特に動きの制限が強い方向とそうでない方向が分かれることが多いです。

 

なので、制限が強い方向に無理に動かすよりも、動かしやすい方向をまずはゆっくり痛みのない範囲で広げていく方がリスクが少なく、効果も高いと思います。

 

四十肩(五十肩)で癒着がある場合の対処ですが、基本的にはじんわりとストレッチすることが大切です。

 

単純に、タオルや棒を持って万歳をするというだけでも実は有効です。

 

もちろん多少の痛みを伴うことはありますが、無理しておこなっては逆効果なのでゆっくり、じんわりが重要です。

 

腰の後ろで手を組み、肘を伸ばしてゆっくりと腕を後ろにもっていくようなストレッチもよいでしょう。

 

特にこの方法が一番!ということはないのですが、強い痛みのない範囲でゆっくりじんわりと体操を行う、ということがわかっていれば、いろいろと試してみるのが良いと思います。

 

また、四十肩(五十肩)の癒着の対処としては、ゆっくりとストレッチを行った後は必ずだらんと脱力をすることが大切です。

 

無理のない範囲では動かすようにすることもよいでしょう。

 

筋肉は伸ばした後は使うことで、さらに柔軟性が増していきます。

 

ただ柔らかくするだけではだめなのです。

 

伸ばしたらちょっと使い、を繰り返すとよいでしょう。

 

四十肩(五十肩)で癒着が起こってしまった場合の動きの制限を改善するのは結構大変です。

 

適切な対処を知って、確実に治していきましょう!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

急性期・慢性期
四十肩(五十肩)には、急性期と慢性期があります。ここでは四十肩(五十肩)の急性期・慢性期についてご説明します。
きっかけ
四十肩(五十肩)になるには、何かしらのキッカケがあるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)のきっかけについてご説明します。
防ぐ
四十肩(五十肩)を防ぐということは可能なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を防ぐことについて、少し掘り下げてお話したいと思います。
モヤモヤ血管
四十肩(五十肩)にはモヤモヤ血管が影響しているという話がありますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とモヤモヤ血管との関係性についてご説明します。
筋力トレーニング
四十肩(五十肩)に筋力トレーニングの最中になってしまう方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉トレーニングの関係についてご説明します。
つり革
四十肩(五十肩)でつり革を持つのがツラいという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)とつり革の関係についてご説明します。
前兆
四十肩(五十肩)になるには、何かしらの前兆があるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の前兆についてご説明します。
ストレス
四十肩(五十肩)とストレスには、何かしらの関係性があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とストレスとの関係についてご説明します。
完治
四十肩(五十肩)になッた場合、それは完治できるものはのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の完治についてご説明します。
悪化
四十肩(五十肩)になった場合、悪化することはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の悪化についてご説明します。
応急処置
四十肩(五十肩)になった場合、応急処置はどのようにすれば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の応急処置についてご説明します。
無理やり動かす
四十肩(五十肩)で痛いのに無理やり動かすという方がいますが、問題ないのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を無理やり動かすことについてご説明します。
拘縮(こうしゅく)
四十肩(五十肩)になった場合、拘縮(こうしゅく)になった、といわれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)の拘縮についてご説明します。
利き腕
四十肩(五十肩)は利き腕の方がなりやすいのでしょうか?ここでは、四十肩(五十肩)と利き腕の関係性についてご説明します。
似た症状
四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患は結構あるものです。ここでは四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患の種類や原因、対処法についてご説明します。
どんな痛み
四十肩(五十肩)ってどんな痛みなのか?というのは、初めての方にとっては、けっこう疑問なのかも知れません。ここでは四十肩(五十肩)がどんな痛みなのか?についてご説明します。
何科
四十肩(五十肩)になって何科に行けばよいのか?また治療院や整体院へ行くのはどうなのか?と悩む方は多いようです。ここでは四十肩(五十肩)は何科へ行けばよいのかについてご説明します。