四十肩(五十肩)に筋力トレーニングの最中になったら?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)に筋力トレーニング中になったら、どうしたら良い?

四十肩(五十肩)になるきっかけには、様々あり(ないこともあります)、筋力トレーニング中に、四十肩(五十肩)になってしまう方が、結構たくさんいらっしゃいます。

 

筋力トレーニングをしているなら、むしろ四十肩(五十肩)の予防になるのでは?と思う方も多いかもしれません。

 

四十肩(五十肩)の情報は、いろいろなことが、まことしやかに伝えられますので、迷いますよね。

 

今回は、筋力トレーニングがもとで、四十肩(五十肩)になった場合について書いていこうと思います。

四十肩(五十肩)と筋肉トレーニングの関係~頑張りすぎもダメ?~

近年の健康ブームで、ジムなどで筋力トレーニングに励む人は多いかと思います。

 

ところが、その筋力トレーニングの最中に肩を傷めてしまい、気づいたら四十肩(五十肩)になっていた、なんてことが非常に多くなっています。

 

筋力トレーニングそのものはとてもよいことなのですが、なぜ四十肩(五十肩)になってしまうのかというと「頑張りすぎ」が多くの場合の原因です。

 

なんだ、当たり前じゃないか、という風に思うかもしれませんが、これが結構多いものなのです。

 

筋力トレーニングを行う場合、いまだに負荷は強ければ強いほうがよい、と信じ込んで無理矢理、強い負荷で筋力トレーニングを行う人が多くいらっしゃいます。

 

大切なのは、負荷量だけでなく、頻度やセット数の掛け算なのですが、強い負荷がお好みの方が多いようです。

 

強い負荷が問題である点としては、フォームが崩れるケースが多い、ということです。

 

腕立て伏せ一つとっても負荷をあげようと思い、手の位置を変えたり、深くまで肘を曲げてみたり、いろいろなことを試す方が多いです。

 

もともと肩の動きは、一つの関節だけで動いているわけではなく、肩甲骨や胸、背中など多くの場所が協調して動いて初めて肩の動きが成り立っています。

 

強い負荷をかけると、肩の関節だけに無理やり頼って動かすことが多くあり、それによって肩を傷めてしまうことがあります。

 

その結果として、四十肩(五十肩)になってしまうのです。

 

実は、腕の動き、肩の動きは絶妙なバランスの下になりたっており、そのおかげで複雑かつ広い範囲の動きができているのです。

 

それなのに、負荷量ばかりにこだわって強くしすぎると、その絶妙なバランスを崩すことになるのです。

 

筋力トレーニング自体はとても良いことですが、無理矢理やっても百害あって一利なしです。

 

まずは、軽い負荷から回数を繰り返し、適切なフォームで行えるようになってから徐々に負荷を挙げていくことをお勧めします!

筋力トレーニングで四十肩(五十肩)~フォームを軽んじるなかれ~

それでは、筋力トレーニングがきっかけで四十肩(五十肩)になってしまった場合の、注意点や対策などについて書いていこうと思います。

 

筋力トレーニング中に、四十肩(五十肩)になった場合、やはり基本的には痛みのある動作は行わないということが原則になります。

 

筋力トレーニング中の代表的なフォームの乱れとしては、ベンチプレス中や、腕立て伏せ中に、肩が過剰に前に出てしまうことがあげられます。

 

重りをもち、肘を曲げて、胸の前に降ろした後に、持ち上げるのですが、

 

その際に、左右の筋力差などにより、弱いほうの肩が、腕に対して前に突き出てしまうことがあります。

 

腕立て伏せでも、同様です。

 

そうしたことが起こると、肩の前や上の組織を傷めてしまい、四十肩(五十肩)になってしまうのです。

 

基本的には、左右差なく、スムーズに一定の速度で挙げ下ろしができる負荷量で行うべきでしょう。

 

筋力トレーニング中の四十肩(五十肩)でいうと、そのほかに多いのが「腕をかなり大きく挙げるような動作」になってしまうことがあります。

 

マシンを使う場合は、思い切り手を挙げることは避けるべきでしょう。

 

筋力トレーニング中に四十肩(五十肩)にならないようにするためには、ということについても書いていきましょう。

 

もちろん、先ほどから書いているように適切なフォームで行うことが重要です。

 

ジムなどインストラクターがいる場合には、どんなにシンプルなわかりやすい筋力トレーニングでもフォームをチェックしてもらってください。

 

シンプルなものほど意外に難しいものなのです。

 

さらに、準備運動として腱板(けんばん)の運動を行うとよいでしょう。

 

野球のピッチャーが、試合前にかなりの時間をかけて行うことで知られていますが、インナーマッスルの筋力トレーニングを行うのが良いのです。

 

ゴムチューブや500mlのペットボトルのような、軽めの負荷を使って行います。

 

このように、筋力トレーニングというのは意外にデリケートなもので、ちょっとした間違いで四十肩(五十肩)へ一直線!なんてことになりかねません。

 

ぜひ注意しておこなうようにしてみてください!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

急性期・慢性期
四十肩(五十肩)には、急性期と慢性期があります。ここでは四十肩(五十肩)の急性期・慢性期についてご説明します。
きっかけ
四十肩(五十肩)になるには、何かしらのキッカケがあるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)のきっかけについてご説明します。
防ぐ
四十肩(五十肩)を防ぐということは可能なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を防ぐことについて、少し掘り下げてお話したいと思います。
モヤモヤ血管
四十肩(五十肩)にはモヤモヤ血管が影響しているという話がありますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とモヤモヤ血管との関係性についてご説明します。
つり革
四十肩(五十肩)でつり革を持つのがツラいという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)とつり革の関係についてご説明します。
前兆
四十肩(五十肩)になるには、何かしらの前兆があるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の前兆についてご説明します。
ストレス
四十肩(五十肩)とストレスには、何かしらの関係性があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とストレスとの関係についてご説明します。
完治
四十肩(五十肩)になッた場合、それは完治できるものはのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の完治についてご説明します。
悪化
四十肩(五十肩)になった場合、悪化することはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の悪化についてご説明します。
応急処置
四十肩(五十肩)になった場合、応急処置はどのようにすれば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の応急処置についてご説明します。
無理やり動かす
四十肩(五十肩)で痛いのに無理やり動かすという方がいますが、問題ないのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を無理やり動かすことについてご説明します。
癒着
四十肩(五十肩)が癒着するというのは本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と癒着の関係についてご説明します。
拘縮(こうしゅく)
四十肩(五十肩)になった場合、拘縮(こうしゅく)になった、といわれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)の拘縮についてご説明します。
利き腕
四十肩(五十肩)は利き腕の方がなりやすいのでしょうか?ここでは、四十肩(五十肩)と利き腕の関係性についてご説明します。
似た症状
四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患は結構あるものです。ここでは四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患の種類や原因、対処法についてご説明します。
どんな痛み
四十肩(五十肩)ってどんな痛みなのか?というのは、初めての方にとっては、けっこう疑問なのかも知れません。ここでは四十肩(五十肩)がどんな痛みなのか?についてご説明します。
何科
四十肩(五十肩)になって何科に行けばよいのか?また治療院や整体院へ行くのはどうなのか?と悩む方は多いようです。ここでは四十肩(五十肩)は何科へ行けばよいのかについてご説明します。