四十肩(五十肩)のきっかけって何?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)のきっかけについて

「四十肩(五十肩)って言われたんですが、きっかけが思いつきません。重いものを持ったり手を動かしたりすることはあまりないのに…。」

 

なんて話をよく聞きます。

 

四十肩や五十肩というと、重いものを持つとか、無理に動かすとか、転んで手をひねるとか、そんなきっかけがあるだろうと思う方がほとんどのようです。

 

しかし、実は、四十肩(五十肩)は、きっかけがなく起こることが多いのです。

 

もちろん気づかないだけで、実は四十肩になりえるきっかけが生活の中に散らばっているのですが…。

 

ここではそんな四十肩(五十肩)のきっかけについて書いていこうと思います。

四十肩(五十肩)のきっかけは全くないの?

四十肩(五十肩)のきっかけは、全くないと言ってよいのでしょうか?

 

病院で診断される「肩関節周囲炎」といわれるものは、きっかけがないとされています。

 

ですので、厳密にいうと「きっかけがある」と言ってしまうと間違っていることになります。

 

ところが、一般的に四十肩(五十肩)といわれるものでも肩関節周囲炎でも、きっかけとなりえるものはあるというのが医学の分野でも経験で言われています。

 

生活上で多いのが、手を体の横に伸ばすような動作がきっかけとなりやすいといわれます。

 

例えば、車の運転席から窓を開けて駐車券をとるような動作です。

 

また、お風呂で頭からシャワーを浴びながら横のシャンプーに手を伸ばすなどですね。

 

その他のきっかけとなる動作では、シートベルトをとる動作のようなひねる動作で痛めるケースが多いです。

 

着替えの途中で痛めたり、車の後ろのシートのものを取ったりなどもそうです。

 

意外なところで多いのが、犬の散歩などで引っ張られることや、車の運転がきっかけとなります。

 

犬が突然走り出してリードを一気に引っ張ったときに腕が一気に引っ張られることがあります。

 

その際に肩の中の筋肉を傷めてしまうのです。

 

車の運転については、厳密にいうと運転しているだけで痛めることはありません。

 

しかし、運転しハンドルを持っている時間が長いと、肩回りの筋肉は思った以上にガチガチに固まってしまいます。

 

運転中に肩を動かすことはほとんどないのですが、思った以上に肩回りが硬くなります。

 

そのため、その状態でシートベルトを取るためにひねったり、後ろに手を伸ばしたりという動作が加わると一気に肩を痛めることになるのです。

 

ちょっと手を伸ばす、ちょっとひねる、そんな簡単な何気ない動作が四十肩(五十肩)のきっかけとなります。

四十肩(五十肩)のきっかけ〜何に気を付けるか?〜

四十肩(五十肩)のきっかけとなる動作には様々なものがあります。

 

そして厄介なことに、それは多くの方にとってみれば、「変わったことはしていない」「きっかけは何もない」といった動作なのです。

 

四十肩のきっかけとなる動作で最もわかりやすいのが車を運転している時の動作です。

 

シートベルトを取る動作は右手をひねりながら後ろにもっていきます。

 

これらの動作は肩の中の筋肉を傷つけてしまいやすい動作です。

 

野球のボールを投げる動作の繰り返しで肩を傷める選手がいるのも同じ動作によるものです。

 

難しいかもしれませんが、左手でシートベルトを取るようにするだけでもかなり予防になります。

 

さらに運転の際の動作でわかりやすのが、後ろのシートにある物に手を伸ばす動作です。

 

運転以外でも座っていて横に手を伸ばす動作や、少し後ろのほうに手を伸ばす動作は結構あるものです。

 

この位置で、軽くても物をもつというのは肩にはものすごく負担なのです。

 

運転中は難しいかもしれませんが・・・

 

遠くに手を伸ばすよりは一歩近づいて物を取る、体の横に手を伸ばすのは避けて、体全体を取りたい物の正面に向け、物を体の前で取るようにするだけでも、ずいぶんとリスクを減らすことができます。

 

それ以外の運転中の動作でいえば、運転してハンドルを操作していることが結構なリスクとなるのです。

 

ハンドルを回すことそのものは肩への負担は少ないのですが、長時間ずっとハンドルを持ったまま、というのは肩の筋肉にとっては疲労が溜まりやすい動作なのです。

 

日常でもパソコンを長時間使う、座った状態もしくは仰向けで本を(持ち上げて)読む、といった手を空中に浮かしておくような習慣は肩の筋肉をがちがちにしてしまうのです。

 

そうして運転が長くなる、パソコンを長く使う、などすべて姿勢もだんだんと悪くなってしまいます。

 

その肩回りの筋肉ががちがちになり、姿勢が悪くなった状態からふと手を動かすと、肩の中の筋肉を傷つけやすくなってしまうのです。

 

日常の何気ない動作が四十肩のきっかけとなってしまいます。

 

適切な動きでしっかりと予防していきましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

急性期・慢性期
四十肩(五十肩)には、急性期と慢性期があります。ここでは四十肩(五十肩)の急性期・慢性期についてご説明します。
前兆
四十肩(五十肩)になるには、何かしらの前兆があるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の前兆についてご説明します。
ストレス
四十肩(五十肩)とストレスには、何かしらの関係性があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とストレスとの関係についてご説明します。
完治
四十肩(五十肩)になッた場合、それは完治できるものはのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の完治についてご説明します。
悪化
四十肩(五十肩)になった場合、悪化することはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の悪化についてご説明します。
応急処置
四十肩(五十肩)になった場合、応急処置はどのようにすれば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の応急処置についてご説明します。
無理やり動かす
四十肩(五十肩)で痛いのに無理やり動かすという方がいますが、問題ないのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を無理やり動かすことについてご説明します。
癒着
四十肩(五十肩)が癒着するというのは本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と癒着の関係についてご説明します。
拘縮(こうしゅく)
四十肩(五十肩)になった場合、拘縮(こうしゅく)になった、といわれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)の拘縮についてご説明します。
利き腕
四十肩(五十肩)は利き腕の方がなりやすいのでしょうか?ここでは、四十肩(五十肩)と利き腕の関係性についてご説明します。
似た症状
四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患は結構あるものです。ここでは四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患の種類や原因、対処法についてご説明します。