四十肩(五十肩)と巻き肩の関係とは?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と巻き肩の関係について

四十肩(五十肩)になったとき「巻き肩が影響している!」なんて話を、耳にするようになりました。

 

個人的には、巻き肩という言葉には違和感があるのですが…

 

肩こりや腰痛、果てはヒザの痛みまで、何でもかんでも巻き肩のせいにしている記事をよく目にします。

 

もちろん、すべてが嘘ではないのですが、さも巻き肩だけ治せばすべてよくなる、といった表現はやはり言い過ぎだと感じます。

 

さて、そんな巻き肩ですが、四十肩(五十肩)にとっては、やはり場所が近いだけに非常に大きな関連性があります。

 

巻き肩になっている人は四十肩(五十肩)になるリスクがかなり高い、といっていいでしょう。

 

では、巻き肩のどのようなところが、四十肩(五十肩)になるリスクになるのでしょうか?

 

ご説明したいと思います。

四十肩(五十肩)と巻き肩が関係する理由って、なに?

そもそも、巻き肩とは、肩甲骨が離れている、つまり背骨に対して外に出すぎている状態のことです。

 

そうなると、必然的に背中も曲がってくることがあるので、腕を大きく動かすためには、非常に不利になります。

 

また、腕を動かす時にも、肩への負担が大きくなってしまいます。

 

腕を動かすための土台は「肩甲骨」です。

 

腕を上に挙げるときは、肩甲骨が上に大きく傾く必要がありますが、普段の姿勢が「巻き肩」になっていると、肩甲骨が上を向く余裕がなくなります。

 

そのため、肩の動きが必要以上に求められることになってしまいます。

 

さらに、巻き肩であれば、背中も曲がりやすくなり、ますます腕があげづらい状況になっているのです。

 

巻き肩の、さらなる問題としては、頭の位置に影響することがあります。

 

巻き肩になっている方は、どうしても、頭の位置が体に対して前に出たような位置になっています。

 

こうなると、首や肩の後ろの筋肉には、必要以上の負荷がかかることになり、肩こりや腰痛の原因ともなるのです。

 

もちろん、これは先ほども書いたように、むしろ頭の位置が前にあるから、巻き肩になりやすいともとらえることができ、どちらか一方だけを悪者にするのは問題です。

 

どちらが、より影響力があるかを、キチンと見極める必要があるのです。

 

このように、四十肩(五十肩)と巻き肩には大きな関連性があります。

 

まずは、意識的に巻き肩にしたとき、どれくらい腕が動かしづらくなるかぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

巻き肩で四十肩(五十肩)になった場合の注意点

四十肩(五十肩)になった人の多くが、巻き肩であることはよく知られています。

 

巻き肩という言葉は、最近のもののようですが、肩甲骨が外に開いてしまっている状態については、昔から大きな問題である…というのが常識でした。

 

そのため、巻き肩がある、ということは目新しい発見でもなんでもありません。

 

それどころか、四十肩(五十肩)の治療にとっては、昔からごくごく当たり前のように、その必要性が謳われてきたのです。

 

さて、では、巻き肩に対する対処や、それが原因で四十肩(五十肩)になった場合の注意点について書いていこうと思います。

 

巻き肩で四十肩(五十肩)になる…といいつつ、実は四十肩(五十肩)になった人のほとんどが巻き肩である、と考えてよいと思います。

 

比較的若い女性の場合には、姿勢を良くしようとし過ぎて、四十肩(五十肩)になる方もいらっしゃるので、それは例外です。

 

巻き肩がある場合、肩甲骨の動きをいかに大きくできるか、そして、肩甲骨が動き始める位置をいかに「良い位置」に持ってこれるか、ということが大切です。

 

肩甲骨の動きを大きくするために、まずは、外に開いてしまった「肩甲骨」を背骨に対して寄せていくことです。

 

これは、左右同時に行うことが大切です。

 

もちろん、肩甲骨同士を寄せる運動をした後は、逆に肩甲骨同士を話していくこともよいでしょう。

 

胸を張ったり、背中を丸めたり、という繰り返しでよい、と考えるとわかりやすいかと思います。

 

巻き肩を修正するためには、肩甲骨周りの筋肉が重要です。

 

そのためのエクササイズの中で簡単なものは、(肩の痛みがないという条件ですが)頭の後ろで手を組むようにします。

 

そのまま、頭が動かないようにして、両肘を後ろに引くと、胸を張ることができるとともに肩甲骨を背骨に寄せていくことができます。

 

巻き肩と四十肩(五十肩)には非常に密接な関連性があります。

 

しかし、四十肩(五十肩)を患った肩の多くがそのような対処については初耳だといわれます。

 

少しでも痛ければ、まずは一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
手の甲
四十肩(五十肩)の方で手の甲が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手の甲が痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。
骨に異常がない
四十肩(五十肩)で「骨に異常がない」と、医者に言われることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)で骨に異常がないと言われた場合の原因や対処法についてご説明します。
神経痛
四十肩(五十肩)の方で、神経痛だと思って病院に行く方は結構いらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と神経痛との違い、その関係性について詳しく書いていきます。
広背筋
四十肩(五十肩)と広背筋にはとても密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と広背筋との関係性について詳しく書いていきます。
真横にあげると痛い
四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
後ろに回すと痛い
四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛いというケースがありますが何故でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
2年も続く
四十肩(五十肩)が2年も続くと訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が2年以上も続く場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
治った後コキコキ音
四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がするという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がする場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
慢性期 肋骨が痛い
四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛いという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
腕はあがるけど捻じると痛い
四十肩(五十肩)で腕はあがるけど捻じると痛いという方がいらっしゃいます。ここでは、四十肩(五十肩)の腕はあがるけど捻じると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。