四十肩(五十肩)で左右が痛い?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)で左右痛い〜同時になることはあるの?〜

四十肩(五十肩)になった方の中で、片方の肩が四十肩になって、しばらくしてから反対側も痛くなったという方がいらっしゃいます。

 

つまり、左右が四十肩(五十肩)になるという方が少なからずいらっしゃるのです。

 

では、四十肩(五十肩)に左右が同時になるのは、どういうことでしょうか?

 

今回は、四十肩(五十肩)で、左右とも痛いというケースについて書いていこうと思います。

四十肩(五十肩)で左右同時に発症するのは何パーセント?

そもそも、四十肩(五十肩)で左右同時に発症することはあるのでしょうか?

 

実は、四十肩(五十肩)で左右同時になる方は、四十肩(五十肩)全体のわずか1割程度と言われています。

 

また、左右なるにしても、時間差があることがほとんどです。

 

左右同時に四十肩(五十肩)になった場合、まずは四十肩以外の病気も併せて疑ってかかったほうがよいでしょう。

 

例えば、関節リウマチは肩や、肘、股関節などの大きな関節の左右同時発症からはじまるといわれています。

 

なので、可能性としては低いにしても、きちんと医療機関でチェックしておくべきでしょう。。

 

もちろん万が一程度しか可能性はないのですが・・・。

 

四十肩(五十肩)が左右同時に痛む場合、基本的には時間差でなることが多いです。

 

片方の肩をかばって動かしているうちに、反対側へ負担がかかるようになり、痛みが出てしまうのです。

 

四十肩(五十肩)の治療の基本は、痛みのある動作を極力避けることです。

 

なので、当然反対側の手を使うことは重要なのですが、問題ないほうの肩でも無理な使い方は禁物です。

 

同じことですが、四十肩(五十肩)が反対側の腕に負担がかかる要因として、治るまでの期間が長くなりやすいことがあります。

 

また、たとえ痛みがおさまっても、動かし方の癖がなかなか抜けないことが考えられています。

 

基本的には、片方だろうが、左右両方だろうが、使い方の習慣を変えることが治療と予防の最重要事項です。

 

四十肩(五十肩)はそのため繰り返してしまいやすいという特徴も持っています。

 

ここまで書いてきたように四十肩(五十肩)が左右同時になることはまれですが、時間差で左右両方四十肩になることは結構あるケースです。

 

左右両方なってしまうとかばうこともできず、生活への支障はものすごく大きくなります。

 

せめて片方だけで済むように負担のかかる動作を極力避けるように心がけて生活していきましょう。

四十肩(五十肩)が左右に出た〜ならない生活習慣が最も大切〜

四十肩(五十肩)で同時にしろ、時間差があるにしろ、左右両方に痛みがある場合の対処や注意点を書いていこうと思います。

 

先ほども書いたように、四十肩(五十肩)が左右同時に発症することはあまりないことです。

 

しかし、まれに関節リウマチなどの全身性の疾患が見つかるケースがあります。

 

ほとんどないことですが・・・

 

  • 両肩が同時に痛くなり腫れる
  • 同時期に朝起きたときに手のこわばりを感じる

 

などの症状があれば要注意です。

 

四十肩(五十肩)とは治療のアプローチが異なるため、まずは医療機関でチェックしてもらい、疑われるようであれば専門医の受診が勧められます。

 

もちろんほとんどないことなのですが、先に除外できておけば安心かと思います。

 

四十肩(五十肩)で左右が痛いケースのほとんどが、片方をかばっているうちにもう片方の肩も四十肩になったという場合です。

 

このような場合は、極端にいえばどうしようもないという話になってしまいます。

 

四十肩(五十肩)の治療の原則である痛みのある動作を極力避ける、ということがほぼ不可能だからです。

 

全く腕を動かさずに日常生活が送れないことは容易に想像できるかと思います。

 

そんな状況でできることは腕のうごきが少なくて済むようにすることです。

 

もちろん痛みのない範囲であれば動かすことは構いません。

 

  • 手を遠くに伸ばさない
  • 体の横に手を伸ばさない
  • 重いものは持たない
  • ものを持つにしても片手で持たない

 

などの習慣が片方の四十肩(五十肩)の時よりさらに重要となります。

 

また、体を捻じる動きや背筋を伸ばす動きなど肩以外の動きをしっかりと出すように体操などを行うことも必須でしょう。

 

徐々に痛みが引いてきて動きが硬いくらいになれば、両手でタオルを持ってバンザイをするなどの基本的な体操が有効となります。

 

「当たり前」の対処かもしれませんが、それだけ四十肩(五十肩)に左右両方の肩がなってしまうと厄介なのです。

 

まずは医療機関でチェックを受け、リハビリにて適切な指導を受けることをお勧めします!

スポンサードリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。