四十肩(五十肩)にはモヤモヤ血管が影響している?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)にモヤモヤ血管が影響している…ってどういうこと?

四十肩(五十肩)になったときに「モヤモヤ血管が原因かもしれない」という話を耳にするようになりました。

 

ここ数年、医学の世界でも長引く四十肩(五十肩)、膝痛などの時に、モヤモヤ血管が関係している人が実は多くいる、と言われるようになってきました。

 

ただ、ふつうの人は「四十肩(五十肩)は分かるけど、モヤモヤ血管ってなに?」という感じですよね。

 

そこで、今回は、そんなモヤモヤ血管と四十肩(五十肩)の関係について書いていこうと思います。

四十肩(五十肩)の原因?モヤモヤ血管ってなあに?

まず、四十肩(五十肩)云々の前に、そもそもモヤモヤ血管とは何でしょうか?

 

モヤモヤ血管とは、「必要以上に増えてしまったおかしな毛細血管」のことです。

 

正常の血管に比べて、太さも一定せず、きちんとした網目状をしておらず、モヤモヤしてみてることから「モヤモヤ血管」といわれます。

 

四十肩(五十肩)とモヤモヤ血管の関係ですが、四十肩(五十肩)のように肩の中の炎症が主体であるものには、モヤモヤ血管ができやすいとされています。

 

炎症反応の一連の過程の中で、毛細血管が増えてくること自体は、これまでもわかっていたことです。

 

しかし、長引くダラダラした炎症が続いた場合、毛細血管もきちんと整備されたものができず、不完全になってしまうことが分かってきました。

 

そうやってできた不完全な毛細血管の周りには、痛みを感じる神経が、あわせて伸びてくることもわかっています。

 

(血管の周りにはそのような神経が伸びることは正常でもおこることです)

 

そんな不完全な毛細血管が、必要以上にたくさんできてしまい、かつ炎症がさらに続くため、長い期間、居座ることとなり、痛みを感じる期間が長くなってしまうのです。

 

そして厄介な点は、長引き過ぎてしまうと、肩そのものの炎症が治まってもモヤモヤ血管がすぐにはなくならないことです。

 

こうして、四十肩(五十肩)そのものの経過がよくなっていても、痛みだけがダラダラと続くことになってしまうわけです。

 

このように、モヤモヤ血管による四十肩(五十肩)の痛みは厄介なものです。

 

ただし、はっきりとしたことは医療機関でしか検査できませんので、決めつけずにぜひ一度専門医に相談してみてください!

モヤモヤ血管で四十肩(五十肩)が痛む場合の対処法は?

四十肩(五十肩)になった人の中で、モヤモヤ血管が原因じゃないか?と言われる方は多くなってきました。

 

メディアなどでも、積極的に報道されるようになっているからでしょう。

 

では、モヤモヤ血管が原因と考えられる四十肩(五十肩)の対処について書いていこうと思います。

 

そもそも、モヤモヤ血管の影響が大きいかどうか?ということは、我々が外から見てもわかるものではありません。

 

基本的には、医療機関で専門医に相談するのがよいでしょう。

 

ただ、ある程度は、症状から推察することが可能です。

 

  • 何もしなくても痛い時間がある
  • 時々ボヤっと腫れることがある
  • 肩の周りを指で押すと強い痛む場所がある

 

などの症状が長引く場合は、モヤモヤ血管が影響している四十肩(五十肩)の可能性があります。

 

しかし、四十肩(五十肩)の急性期でも同じような症状があるため、これらの症状が何か月も長引く場合と考えた方が、区別しやすいでしょう。

 

さて、モヤモヤ血管が原因と考えられる四十肩(五十肩)の場合、医療機関ではカテーテルを血管の中に入れて、モヤモヤ血管の周りに特殊な薬を注入し、モヤモヤ血管を縮小させる治療を行います。

 

では、その前に、我々にできることはなんなのでしょうか?

 

一番大切なのは、四十肩(五十肩)の急性期からの、初期からの対応です。

 

モヤモヤ血管が増える理由としては、肩の中や周りの炎症が長引くことが考えられます。

 

炎症をだらだら長引かせないこと、それが一番の対策です。

 

そのためには、以下のような四十肩に対する対処をきっちりと行うことが大切です。

 

  • 痛みのある動作を極力避ける
  • 肩以外の首や背中、肩甲骨の動きを柔軟にしておく
  • 肩以外は積極的に動かすようにする
  • 深呼吸や脱力、リラックスを心掛ける
  • 自律神経の乱れを最小限に抑える

 

などなど・・・

 

そして、必要に応じて湿布や痛み止め、時には医療機関の注射などで、炎症をコントロールしていくことも必要になると思います。

 

このように、モヤモヤ血管が影響している四十肩(五十肩)は、なかなか厄介なものです。

 

四十肩(五十肩)の症状が長引く方は、是非一度医療機関で相談することをおすすめします!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

急性期・慢性期
四十肩(五十肩)には、急性期と慢性期があります。ここでは四十肩(五十肩)の急性期・慢性期についてご説明します。
きっかけ
四十肩(五十肩)になるには、何かしらのキッカケがあるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)のきっかけについてご説明します。
防ぐ
四十肩(五十肩)を防ぐということは可能なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を防ぐことについて、少し掘り下げてお話したいと思います。
筋力トレーニング
四十肩(五十肩)に筋力トレーニングの最中になってしまう方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉トレーニングの関係についてご説明します。
つり革
四十肩(五十肩)でつり革を持つのがツラいという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)とつり革の関係についてご説明します。
前兆
四十肩(五十肩)になるには、何かしらの前兆があるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の前兆についてご説明します。
ストレス
四十肩(五十肩)とストレスには、何かしらの関係性があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とストレスとの関係についてご説明します。
完治
四十肩(五十肩)になッた場合、それは完治できるものはのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の完治についてご説明します。
悪化
四十肩(五十肩)になった場合、悪化することはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の悪化についてご説明します。
応急処置
四十肩(五十肩)になった場合、応急処置はどのようにすれば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の応急処置についてご説明します。
無理やり動かす
四十肩(五十肩)で痛いのに無理やり動かすという方がいますが、問題ないのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を無理やり動かすことについてご説明します。
癒着
四十肩(五十肩)が癒着するというのは本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と癒着の関係についてご説明します。
拘縮(こうしゅく)
四十肩(五十肩)になった場合、拘縮(こうしゅく)になった、といわれることがあります。ここでは四十肩(五十肩)の拘縮についてご説明します。
利き腕
四十肩(五十肩)は利き腕の方がなりやすいのでしょうか?ここでは、四十肩(五十肩)と利き腕の関係性についてご説明します。
似た症状
四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患は結構あるものです。ここでは四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患の種類や原因、対処法についてご説明します。
どんな痛み
四十肩(五十肩)ってどんな痛みなのか?というのは、初めての方にとっては、けっこう疑問なのかも知れません。ここでは四十肩(五十肩)がどんな痛みなのか?についてご説明します。
何科
四十肩(五十肩)になって何科に行けばよいのか?また治療院や整体院へ行くのはどうなのか?と悩む方は多いようです。ここでは四十肩(五十肩)は何科へ行けばよいのかについてご説明します。