四十肩(五十肩)を温めると痛いのはナゼ?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)を温めると痛い?~ついつい温めたくなります~

四十肩(五十肩)になった場合、温めたほうがよい、と考えて温めると痛い!という風になる方がたくさんいらっしゃいます。

 

そもそも四十肩(五十肩)の病態として、はじめは軽い痛みからはじまり、徐々に痛みが強くなっていきます。

 

そのため、医療機関などで治療しようとすぐに思う方は少なく、自己流で何とかしようとする方が多いのです。

 

温めると痛いということは四十肩(五十肩)に限らずよくあることで、良いと思って温めたらかえって痛くなり、あわてて医療機関に来る、というのは良くある話です。

 

さて、それでは四十肩(五十肩)で温めると痛い、というのはどのような理由が考えられるのでしょうか?

 

ここでは、四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明したいと思います。

四十肩(五十肩)を温めると痛い原因~たんこぶをつつく?~

四十肩(五十肩)で温めると痛い場合、一番考えられるのは「炎症の悪化」です。

 

四十肩(五十肩)の病態は、炎症による痛みが主ですから、その炎症を無理に助長すると痛みが強くなって当然のことです。

 

たんこぶをつつくようなものなのです。

 

炎症は、必要最小限にとどめることが必要ですが、温めることで余計に熱を持ち、腫れがひどくなるため痛みも非常に強くなりやすいのです。

 

ただし、肩の関節の中の炎症は強くなるのですが、周りの筋肉のこわばりに関しては楽になるので、一時的には温めると楽になることもまた事実です。

 

しかし、結局は痛みの主な原因である肩の関節の中の炎症には悪影響となるため、結果としては温めると痛い、ということになってしまうのです。

 

もちろん、温めると痛い、ということは、冷やしたほうが良い時期もあります。

 

最近ではアイシングという言葉が非常に一般的になってきているようです。

 

しかし、これもまた難しいところですが、実はいまだに温める、冷やすの効果に関しては賛否両論です。

 

冷やし過ぎてもよくないということも言われます。

 

医学会ですら、見解の一致がみられないところですが、おおむね痛みが強い時は冷やしたほうがよいだろう、ということは信じてもよさそうです。

 

このように、温めると痛い、ということはよくあることです。

 

四十肩(五十肩)の場合でも痛みが強い場合は、温めるよりも冷やす方を選ぶ方が無難だと思います。

 

ぜひご注意を!

温めると痛い四十肩(五十肩)~やっぱり無理しちゃダメなのよ~

四十肩(五十肩)になったときについつい温めて痛みが強くなった、という人が多くいらっしゃいます。

 

先ほども書いたように温めると痛い、ということには炎症を助長してしまう、ということが考えられます。

 

それでは温めると痛い場合の四十肩(五十肩)では、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

 

四十肩(五十肩)で温めると痛い場合、基本的には急性期であったり、四十肩(五十肩)の流れの中でも最も痛みが強く出る時期であったりすることが考えられます。

 

そのため、原則は痛みのあることは極力避ける、ということになります。

 

そして、腕の位置をクッションなどで支えたり、夜中は大きめのクッションを抱っこしたり、など腕の位置に注意を払い、極力痛みの少ない位置を探すということが必要になります。

 

この時期は、四十肩(五十肩)の経過の中でも痛みが非常に強い時期に当たります。

 

なので、冷やすことで痛みを感じにくくすることの方がメリットが大きいと思います。

 

ただし、冷やしすぎもよくないので肩を包むように氷を置き、20分程度冷やす、というくらいが理想かと思います。

 

四十肩(五十肩)で温めると痛い場合、そのほかの注意点としては「お風呂の問題」です。

 

お風呂で温めることは痛みを強くさせるということにもなるので、軽めに済ますのが理想です。

 

ただ、個人的な意見としては冷やす環境があるのであれば、ぬるめで肩以外をゆっくりと温めてあげるのはメリットも大きいのではないかと思います。

 

お風呂から上がった後に肩だけを氷で冷やせば大丈夫でしょう。

 

肩以外の部分が、お風呂で温められてリラックスできる方が四十肩(五十肩)にとってのプラスが大きいと感じています。

 

もちろん、あくまで個人的な意見なので、試してみるくらいはいいのではないでしょうか。

 

温め過ぎずリラックス、ということはありだと思います。

 

四十肩(五十肩)で温めると痛い場合、非常につらい時期に来ていると思ってください。

 

まずは、現在の状況を適切に判断してもらい、できる限りの対策をしていきましょう!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
手の甲
四十肩(五十肩)の方で手の甲が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手の甲が痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。
骨に異常がない
四十肩(五十肩)で「骨に異常がない」と、医者に言われることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)で骨に異常がないと言われた場合の原因や対処法についてご説明します。
巻き肩
四十肩(五十肩)と巻き肩には密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と巻き肩の関係性について詳しく書いていきます。
神経痛
四十肩(五十肩)の方で、神経痛だと思って病院に行く方は結構いらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と神経痛との違い、その関係性について詳しく書いていきます。
広背筋
四十肩(五十肩)と広背筋にはとても密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と広背筋との関係性について詳しく書いていきます。
真横にあげると痛い
四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
後ろに回すと痛い
四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛いというケースがありますが何故でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
2年も続く
四十肩(五十肩)が2年も続くと訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が2年以上も続く場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
治った後コキコキ音
四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がするという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がする場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
慢性期 肋骨が痛い
四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛いという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
腕はあがるけど捻じると痛い
四十肩(五十肩)で腕はあがるけど捻じると痛いという方がいらっしゃいます。ここでは、四十肩(五十肩)の腕はあがるけど捻じると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。