四十肩(五十肩)が片方だけ?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)が片方だけ~両方なる前兆?~

四十肩(五十肩)は左右どちらがなりやすい?片方?両方?なんて疑問を持つ方も多いようです。

 

実際には、多くの方が初めは片方が四十肩(五十肩)になります。

 

両方同時に発症する方は、全体の1割にも満たないといわれています。

 

もちろん、片方が四十肩(五十肩)になった後、片方をかばっているうちに反対側が四十肩になる、ということはよくある話です。

 

利き手、非利き手のどちらになるか?ということも決して利き手ばかりではないようです。

 

個人的な印象では半々くらいで、どちらがなりやすいということはないと思います。

 

理由としてはいろいろ推測されるのですが、利き手の場合、明らかに使う量が多い、重いものを持つことが多い、など負荷量が多いことが考えられます。

 

非利き手の場合は、普段使う量が少ないために筋肉の量が少ないことや利き手に比べて使い方が下手であることなどが考えられます。

 

そのため、非利き手だからといって四十肩(五十肩)になりにくいかというと決してそうではないようです。

四十肩(五十肩)に片方だけがなるのは「横着さゆえ」?

四十肩(五十肩)が片方になることが多いのはそのほかの理由も考えられます。

 

それは「人が横着である」ということにつきるでしょう。

 

実は、ここに予防するためのポイントがあるのです。

 

多くの方のイメージとしては四十肩(五十肩)は重いものを抱えたり、手を使うことが多い職業の方がなるものだ、というものでしょう。

 

しかし、実はそんなことはなく、一日中座って仕事をしている方でもなります。

 

重いものだけでなく、ペットボトルのような軽いものでも手の伸ばし方、取り方によって肩にはすごく負担がかかるのです。

 

つい姿勢が悪くなり、一歩立ち上がってとればいいものをつい手を伸ばして、なんてこと、たくさんあるのではないでしょうか?

 

ちょっとしたことでも、物を取るときには一歩近づいて、片方で持てるものでも両手をつかう、そんなことが四十肩(五十肩)の予防につながるのです。

 

まずは、普段のちょっとした習慣をみなおして、物のとり方だけでも工夫してみませんか?

 

それが四十肩(五十肩)になるリスクを大きく変えるのです。

四十肩(五十肩)が片方だけに現れた時の注意点は?

では、四十肩(五十肩)が片方に発症した場合の注意点などを書いていこうと思います。

 

四十肩(五十肩)はほとんどが片方から発症するものです。

 

さらに改善していくためには、その時期の見極めが非常に大切になります。

 

  • 痛みはじめの動けるという時期
  • 痛みがとても強く夜眠るのも難しい時期
  • 痛みは徐々に治まって関節が固まり動きの制限が強い時期

 

こういった時期があり、それぞれに対処が違うこと、人によって経過が異なることなどがあまり知られていないようです。

 

さて、片方が四十肩(五十肩)になった場合の注意点ですが、まずは痛みのある動作を極力避けることが大原則です。

 

痛みのない範囲で動かしていくことが大切です。

 

痛みのあることを無理にやっても決していいことはありません。

 

肩や体全体が、無理にかばって動かすことを学習して、それがあとに残りやすいのです。

 

そのため、片方が四十肩(五十肩)になった場合、極力反対側の手を補助として使うようにした方が良いのです。

 

腕をあげる練習をするときも、反対側の手で腕を支えてあげるなどして練習する程度でよいのです。

 

日常生活の例でいえば、片方で持てそうなものでも両手で持つようにする、手を遠くに伸ばさないことが大切です。

 

逆に、体の横から腕をあげようとしたり、横の方へ手を伸ばしたりするのは最悪です。

 

できるだけ、体を目標とするものの正面に向け近づいて取ることが大切です。

 

また、四十肩(五十肩)になった方の肩にとって大切なことは「脱力」です。

 

手を使うな!というのは、まず生活する上でも無理な話でしょう。

 

片方が四十肩(五十肩)になっても、生活上は使わざるをえないので、痛みを感じる場面があります。

 

そして、人間の身体は痛みを感じるたびに防御のために固めるような反応を示します。

 

そのため、できる限り脱力を心がけ、固めるのを防ぐ必要があるのです。

 

肩以外の肩甲骨周りや背中まわりは積極的に動かし、肩そのものは脱力を心がけるというのが改善のためのポイントでしょう。

 

四十肩(五十肩)の治療には根気がいるものです。

 

生活習慣をしっかりと見直ししっかりと対処していきましょう!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
手の甲
四十肩(五十肩)の方で手の甲が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手の甲が痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。
骨に異常がない
四十肩(五十肩)で「骨に異常がない」と、医者に言われることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)で骨に異常がないと言われた場合の原因や対処法についてご説明します。
巻き肩
四十肩(五十肩)と巻き肩には密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と巻き肩の関係性について詳しく書いていきます。
神経痛
四十肩(五十肩)の方で、神経痛だと思って病院に行く方は結構いらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と神経痛との違い、その関係性について詳しく書いていきます。
広背筋
四十肩(五十肩)と広背筋にはとても密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と広背筋との関係性について詳しく書いていきます。
真横にあげると痛い
四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
後ろに回すと痛い
四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛いというケースがありますが何故でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
2年も続く
四十肩(五十肩)が2年も続くと訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が2年以上も続く場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
治った後コキコキ音
四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がするという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がする場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
慢性期 肋骨が痛い
四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛いという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
腕はあがるけど捻じると痛い
四十肩(五十肩)で腕はあがるけど捻じると痛いという方がいらっしゃいます。ここでは、四十肩(五十肩)の腕はあがるけど捻じると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。