四十肩(五十肩)の拘縮(こうしゅく)って?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)で拘縮(こうしゅく)?~こうなると厄介かも~

四十肩(五十肩)になった場合、拘縮(こうしゅく)になったといわれることがあります。

 

四十肩(五十肩)の経過の中で、拘縮期はずいぶん時間が経過したあとのものです。

 

ところで、「拘縮」という言葉だけを聞いても、よく分からないという方も多いかと思います。

 

そこで、今回は、四十肩(五十肩)の拘縮について書いていこうと思います。

四十肩(五十肩)の拘縮、拘縮期とは?

そもそも四十肩(五十肩)での拘縮、拘縮期とはどのようなものなのでしょうか?

 

四十肩(五十肩)の時期から言うと、痛み初めの時期から最も痛みが強い急性期、そして徐々に痛みがおさまるが動きの制限が強くなってくる時期があります。

 

その動きの制限が最も強くなる時期のことを「拘縮期(こうしゅくき)」といいます。

 

拘縮とは、いわゆる固まった状態だと認識していただくのが良いと思います。

 

単に筋肉が固くなった、というだけでなく、肩の関節を包む「靭帯」や「袋」が短縮した状態のことです。

 

人によって四十肩(五十肩)の時期の進み具合は異なりますが、発症してから数か月で拘縮期にいたる例が多いようです。

 

四十肩(五十肩)で拘縮になってしまった場合、どのような症状になるのでしょうか。

 

先ほども書いたように、基本的には動きの制限が強い、と思っていただくのが良いでしょう。

 

拘縮にまでなると、腕のあらゆる方向への動きが制限されます。

 

多くの場合、腕を挙げても肩の高さまでしかあがらない、体の横から上げようとすると、もはや肩の高さまでも挙がらないです。

 

さらに、ひねる動きも強い制限がおきるので、腰やズボンのポケットに手が届かない、女性であれば下着を後ろでつけることができない、などの制限がでます。

 

反対側の肩に手を持っていくことも難しくなりますし、中には頭を洗うのもやっとなくらい制限が出る人もいます。

 

それくらい拘縮は強い制限なのです。

 

癒着によっても動きの制限はでますが、拘縮とは違い、特定の方向で強い制限がでるので、生活の制限からすると拘縮の方がつらいことが多いようです。

 

四十肩(五十肩)で拘縮にまでなることは多くはないにしろ、なってしまうと非常に困ってしまう症状です。

 

ここまでの状態にならないためには、やはり初期治療が大切です。

 

四十肩(五十肩)かな?と思ったら早めの対処をお勧めします!

拘縮になった四十肩(五十肩)~徐々にゆっくりと~

では、そのような拘縮になった場合の四十肩(五十肩)に対する注意点について書いていこうと思います。

 

四十肩(五十肩)で拘縮にまでなった場合、よほど困れば手術をするケースもあります。

 

こればかりはやむを得ないのですが、動きの制限があまりにも強い場合、手術で一気に動きを広げるということがあります。

 

・・・といっても手術を行う例はほとんどないのですが。

 

拘縮の場合、どうしても肩の動きが少なくなってしまうため、ほかの背中や肩甲骨といった部分の動きを大きくして対応するようになります。

 

そのため、肩よりも首や背中の痛みが出ることが多く、普段から首をマッサージしたり、肩甲骨を回すような体操を行ったりして柔軟に保つことが必要になります。

 

しかし、徐々に肩そのものの動きも広げるようなことを行っていかないと、かばった動きを体が覚えてしまい、なかなか元に戻らない、ということもあります。

 

拘縮によって固まった肩を動かしていく場合の注意点としては、無理やり動かさないといったことが大切になります。

 

じわじわゆっくりと伸ばす、ということが大切ですし、根気強く行っていくことが必要になります。

 

代表的なのは、タオルや棒を用いてバンザイをするように伸ばす体操です。

 

さらに、四十肩(五十肩)で拘縮になった方の腕や肘を、反対の手で押さえるようにしながら反対側の肩へもっていく体操。

 

腰の後ろで棒やタオルを両手で持ち、ゆっくりと後ろへもっていくような体操、などが一般的な対応になります。

 

じんわりと少し痛いかな、というくらいのところまでもっていき数分待っておくようにしてみましょう。

 

どのような動きにしろ、ちょっと痛みがあるかな、くらいで「じんわり、ゆっくりと」ということを忘れないようにしましょう。

 

四十肩(五十肩)で拘縮になった場合、きちんとした対応をしないと肩を余計に傷めてしまうことになります。

 

医療機関で適切な指示をあおぎ、無理せずに対処していきましょう!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

急性期・慢性期
四十肩(五十肩)には、急性期と慢性期があります。ここでは四十肩(五十肩)の急性期・慢性期についてご説明します。
きっかけ
四十肩(五十肩)になるには、何かしらのキッカケがあるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)のきっかけについてご説明します。
防ぐ
四十肩(五十肩)を防ぐということは可能なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を防ぐことについて、少し掘り下げてお話したいと思います。
モヤモヤ血管
四十肩(五十肩)にはモヤモヤ血管が影響しているという話がありますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とモヤモヤ血管との関係性についてご説明します。
筋力トレーニング
四十肩(五十肩)に筋力トレーニングの最中になってしまう方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉トレーニングの関係についてご説明します。
つり革
四十肩(五十肩)でつり革を持つのがツラいという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)とつり革の関係についてご説明します。
前兆
四十肩(五十肩)になるには、何かしらの前兆があるものなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の前兆についてご説明します。
ストレス
四十肩(五十肩)とストレスには、何かしらの関係性があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とストレスとの関係についてご説明します。
完治
四十肩(五十肩)になッた場合、それは完治できるものはのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の完治についてご説明します。
悪化
四十肩(五十肩)になった場合、悪化することはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の悪化についてご説明します。
応急処置
四十肩(五十肩)になった場合、応急処置はどのようにすれば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の応急処置についてご説明します。
無理やり動かす
四十肩(五十肩)で痛いのに無理やり動かすという方がいますが、問題ないのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を無理やり動かすことについてご説明します。
癒着
四十肩(五十肩)が癒着するというのは本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と癒着の関係についてご説明します。
利き腕
四十肩(五十肩)は利き腕の方がなりやすいのでしょうか?ここでは、四十肩(五十肩)と利き腕の関係性についてご説明します。
似た症状
四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患は結構あるものです。ここでは四十肩(五十肩)と似た症状を出す疾患の種類や原因、対処法についてご説明します。
どんな痛み
四十肩(五十肩)ってどんな痛みなのか?というのは、初めての方にとっては、けっこう疑問なのかも知れません。ここでは四十肩(五十肩)がどんな痛みなのか?についてご説明します。
何科
四十肩(五十肩)になって何科に行けばよいのか?また治療院や整体院へ行くのはどうなのか?と悩む方は多いようです。ここでは四十肩(五十肩)は何科へ行けばよいのかについてご説明します。