四十肩(五十肩)で石灰?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)で石灰?~激痛がでます~

四十肩(五十肩)になった方の中に「病院で肩の中に石灰がたまっているといわれた」という人がいらっしゃいます。

 

肩の中に石灰?と思う方も多いことでしょうが、そこそこある話です。

 

「石灰沈着性腱板炎」といって四十肩(五十肩)との違いは症状の出方です。

 

ここでは、四十肩(五十肩)で石灰が溜まっている場合の原因や方法について書いていきます。

四十肩(五十肩)で石灰~どんな症状?~

四十肩(五十肩)はなんとなく痛みがあり、徐々に痛みも動きの制限も強くなってくることが多いです。

 

石灰がたまった場合は、なんの予兆もなく、急に激痛がでるようになることがほとんどです。

 

痛みの程度としては普通の四十肩(五十肩)より強いという方が多いです。

 

動きの制限も強く、あまりに痛みが強く、何もできなくなるのであわてて医療機関へ駆け込む、ということになるようです。

 

この石灰がたまる病態ですが、先ほども書いたように急性期には激痛が走り10日から2週間程度続きます。

 

それを過ぎると石灰が溜まっている状態でも、痛みは徐々に落ち着いてくることが多いです。

 

こうなると四十肩(五十肩)と同じような経過をたどっていくので、治療も四十肩と同じになります。

 

症状の特徴としては、やはり激痛が出る、ということが挙げられます。

 

石灰が溜まると、四十肩(五十肩)の最もひどい時期が急に現れるような感じです。

 

中には腕から指までしびれるくらい痛みが広がる、という方もいらっしゃいます。

 

動きの制限も強く肘を思いっきり曲げて何とか顔に手が届く、というくらい制限が強くなります。

 

要するに何やっても痛みがある、といった感じでしょうか。

 

もちろんその痛みは夜間寝ているときも出てしまうことが多く、疼いて眠れない、という方がほとんどです。

 

石灰が急になぜたまるのか?ということに関してはいまだにその理由はわかっていません。

 

ただ、統計的には女性の方がなりやすく、年齢としては30~50代の方が多いとされます。

 

推測の範囲は脱しませんが、ホルモンバランスの関係や腱板に小さな傷がついて炎症が起きることが引き金になっているともいわれているようです。

 

四十肩(五十肩)で、特に何の予兆もなく激痛になった場合は石灰が溜まっていることが疑われます。

 

このような場合は、速やかに医療機関を受診して適切な対処を受けましょう。

 

適切な処置をすれば、かなり楽になるのでできるだけ、早くいってみてください!

 

四十肩(五十肩)で石灰がたまったら~手っ取り早いのは?~

四十肩(五十肩)で石灰が溜まっているといわれた場合、その痛みはあまりに強烈です。

 

一般的な四十肩(五十肩)と違い、発症が急激で痛みも一気に出てしまうからです。

 

腕を動かさなくでも、体のあらゆる動きが肩に響くような痛みを出す、といわれています。

 

さて、このような場合にはどのような注意点や対処があるのでしょうか?

 

そもそも四十肩(五十肩)で石灰が溜まっているかどうかを判断するのは、外から見ても判断は不可能です。

 

レントゲンやMRIなどによってしか判別できません。

 

そのためなんの予兆もなく肩に激痛が出るようなことがあれば速やかに医療機関を受診すべきです。

 

医療機関では多くの場合、まずは注射が選択されます。

 

薬や湿布なども処方されることもありますが、注射ほどの効果は石灰には期待できません。

 

注射によって薬を直接肩の関節の中に入れる、というだけでなく石灰が包まれている袋を破ることができます。

 

そのため、適切な場所に注射を行うと、翌日からもしくは2日くらいでかなり痛みが楽になるケースが多いです。

 

あまりにも注射が効くので、逆に四十肩(五十肩)全般に注射が劇的な効果があると勘違いされるくらい効く場合が多いです。

 

これは「石灰沈着性腱板炎」ならではだと思います。

 

もちろん石灰のたまり方によっては、注射をしても効果が感じにくいこともあるようですが、結構な確率でかなり楽になります。

 

日常生活では、いかに楽な腕の位置を探すかが大切になります。

 

例えば、手をブラっと垂れ下げているよりは、ズボンのポケットやベルトに親指をかけるようにして腕の重さを緩和してあげたりすると良いです。

 

座っているときにはひじ掛けに手を置いたり、バッグを膝の上に置いてその上に手を乗せるなどすると良いでしょう。

 

眠るときも、痛い方を上にして大きめのクッションを抱っこするようにしてみると良いです。

 

しかし、石灰が溜まっている場合には、人によって楽な腕の位置は異なります。

 

そのため、いろいろと試してみることをお勧めしますが、何度も言うように、まずは速やかに医療機関の受診をお勧めします!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
手の甲
四十肩(五十肩)の方で手の甲が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手の甲が痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。
骨に異常がない
四十肩(五十肩)で「骨に異常がない」と、医者に言われることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)で骨に異常がないと言われた場合の原因や対処法についてご説明します。
巻き肩
四十肩(五十肩)と巻き肩には密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と巻き肩の関係性について詳しく書いていきます。
神経痛
四十肩(五十肩)の方で、神経痛だと思って病院に行く方は結構いらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)と神経痛との違い、その関係性について詳しく書いていきます。
広背筋
四十肩(五十肩)と広背筋にはとても密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と広背筋との関係性について詳しく書いていきます。
真横にあげると痛い
四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
後ろに回すと痛い
四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛いというケースがありますが何故でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
2年も続く
四十肩(五十肩)が2年も続くと訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が2年以上も続く場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
治った後コキコキ音
四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がするという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がする場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
慢性期 肋骨が痛い
四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛いという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
腕はあがるけど捻じると痛い
四十肩(五十肩)で腕はあがるけど捻じると痛いという方がいらっしゃいます。ここでは、四十肩(五十肩)の腕はあがるけど捻じると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。