四十肩(五十肩)に腕立て伏せってどうなの?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と腕立て伏せ~筋トレは良いに決まってる?~

四十肩(五十肩)の予防のために腕立て伏せはいいのか?

 

四十肩(五十肩)になったら腕立て伏せをして筋力をつけた方がきっとよいのでは?

 

なんていう質問を耳にすることがあります。

 

今回は、「四十肩(五十肩)に腕立て伏せは良いことなのか?」について書いていこうと思います。

 

まず、四十肩(五十肩)にとって腕立て伏せはよいのか、悪いのか?

 

答えとしては「悪いことの方が多い」です。

四十肩(五十肩)に腕立て伏せが良くない理由は?

四十肩(五十肩)と腕立て伏せが良くない理由としてはいくつかあります。

 

最初の理由は、四十肩(五十肩)になる方が腕立て伏せをおこなうと、大概の場合、フォームを乱して行うことが多いからです。

 

回数にこだわり過ぎたり、限界まで無理やり行ったり、そんな風に腕立て伏せをしたことがある方は多いのではないでしょうか?

 

腕立て伏せは、両肩に強い負荷をかける運動です。

 

そのため、日常生活で手を使うのにも苦労する四十肩(五十肩)の状態で、強い負荷をかけることは時期尚早なのです。

 

適切なフォームや動きでできる負荷量を見誤るケースがほとんどなので、四十肩(五十肩)に腕立て伏せはよくない!という話になってしまうのです。

 

もう一つ、四十肩(五十肩)に腕立て伏せがあまりよくないと考えられる理由は、それによって鍛えられる「筋肉」の問題があります。
腕立て伏せでは、大胸筋や三角筋、上腕二頭筋や上腕三頭筋といった筋肉が主に鍛えられます。

 

四十肩(五十肩)の場合、肩の中の小さな筋肉が傷つくことで発症することが多く、外の大きな筋肉が痛みなどによって過剰に働きすぎることがよく見られる現象なのです。

 

そのため、ただでさえ過剰に働き過ぎている外の大きな筋肉をさらに鍛えても決していいことはないのです。

 

中でも、大胸筋という筋肉が固くなると肩甲骨が前に引っ張られ、姿勢が悪くなる要因にもなりかねません。

 

実際、私の周りにも「肩を痛めたから腕立て伏せを頑張った」という方がいらっしゃいますが、改善するどころか痛みがひどくなってしまいました。

 

その際、適切におこなうこと、その他の補うべきポイントをお伝えしたところ、それだけで改善の方向に向かいました。

 

また、似たような運動でベンチプレスを行った後に四十肩(五十肩)になったという話もよく耳にする話です。

 

四十肩(五十肩)にとって腕立て伏せが絶対にダメな運動とはいえません。

 

適切におこなうことで予防や治療になるのですが、適切に行われない場合があまりにも多いようです。

 

改めて、腕立て伏せのやり方を見直してみてはいかがでしょうか?

腕立て伏せで四十肩(五十肩)解消?~そんなに簡単じゃありません~

では、四十肩(五十肩)の予防や治療に対して、腕立て伏せをどのように行うのが良いのでしょうか?

 

まず、四十肩に(五十肩)にとって、肩甲骨の動きを確保することは、悪化を防ぐうえでとても重要な要素です。

 

しかし、腕立て伏せを行うと大胸筋といわれる胸の前の筋肉が鍛えられ、硬くなるために、良い姿勢を保ちにくくしてしまいます。

 

そのため、腕立て伏せを行うときには、肩甲骨の動きも含めた腕立て伏せを意識することが大切です。

 

さらに、腕立て伏せで使った筋肉のストレッチを必ず行う、肩甲骨を回す、姿勢を意識してみる、などの肩甲骨から背中まわりの柔軟性を確保することも忘れてはいけません。

 

さらに腕立て伏せを行う際のフォームにも注意点があります。

 

具体的には、以下のようなことです。

 

  • 手をついて身体が床の方に降りる際、左右差がないかどうか?
  • 単に、肘の曲げ伸ばしの運動になっていないか?
  • 痛みがあるとき、脇を開き過ぎないようにしているか?
  • 軽く顎を引いて頭の位置もよい姿勢を意識できているか?

 

もしくは、背中が丸まったまま行うなどもよくないですね。

 

回数の話などは先にも触れましたが、無理に回数を重ねるよりも正しいフォームで、できる範囲で行うことが大切です。

 

フォームを崩して限界を超えようとしても、あまり大きな意味はありません。

 

デメリットばかりを書いてしまいましたが、四十肩(五十肩)にとって腕立て伏せはいい面もあります。

 

ただし、悪いことが多く聞こえてくるのは腕立て伏せを正しく機能的に行うということ自体がかなりレベルの高い動きだからです。

 

うまくできる人がほとんどいないにもかかわらず、一般的な運動として広まってしまっている、というところが問題です。

 

まとめますと・・・

 

  • 大切なポイントは左右均等に上げたり下げたりを行う
  • 肩甲骨の動きも意識する
  • 顎を引く、背中が曲がらないようにするなどの姿勢を意識する
  • 腕立て伏せ後は、胸の前の筋肉をストレッチして肩甲骨周りの体操を行う

 

・・・というところでしょうか。

 

腕立て伏せのような運動を積極的に行うことはとてもよいことです。

 

しかし、その運動のリスクを知って適切に継続していきましょう!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

アルコール
四十肩(五十肩)にアルコールが悪いのかどうなのかを気にする方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)とアルコールとの関係についてご説明します。
角度
四十肩(五十肩)は肩の角度によって症状の現れ方が違います。ここでは四十肩(五十肩)と肩の角度の関係についてご説明します。
肩こり
四十肩(五十肩)と肩こりに関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肩こりの関係についてご説明します。
僧帽筋
四十肩(五十肩)と僧帽筋という筋肉に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と僧帽筋の関係についてご説明します。
腱板損傷
四十肩(五十肩)と腱板損傷にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腱板損傷の関係についてご説明します。
筋膜
四十肩(五十肩)と筋膜にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と筋膜の関係についてご説明します。
産後
四十肩が産後に起きるということを聞いたことはありませんか?ここでは四十肩と産後の関係についてご説明します。
更年期
四十肩(五十肩)と更年期障害に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と更年期障害の関係についてご説明します。
寝起き
四十肩(五十肩)と寝起きに関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と寝起きの関係についてご説明します。
四十肩(五十肩)と雨に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と雨の関係についてご説明します。
運転
四十肩(五十肩)と車の運転に関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と運転の関係についてご説明します。
重い物
四十肩(五十肩)と重い物を持つことは良くないことなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と重い物の関係についてご説明します。
痛み 期間
四十肩(五十肩)の痛みの期間は、どれくらいだと思えば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の痛みの期間についてご説明します。
水泳
四十肩(五十肩)に水泳が良いという話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と水泳の関係についてご説明します。
マットレス
四十肩(五十肩)にマットレス選びが大切という話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とマットレスの関係についてご説明します。
抱き枕
四十肩(五十肩)に抱き枕はあまり効果がなさそうという話を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と抱き枕の関係についてご説明します。
スマホ
四十肩(五十肩)とスマホに関連性があるのか?という質問をいただくことがあります。ここでは四十肩(五十肩)とスマホの関係についてご説明します。
トリガーポイント
四十肩(五十肩)のトリガーポイントという言葉をご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とトリガーポイントの関係についてご説明します。
診断
四十肩(五十肩)の診断はどのように行われるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の診断についてご説明します。
糖尿病
四十肩(五十肩)と糖尿病との間に関係性はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と糖尿病の関係性についてご説明します。
むちうち
四十肩(五十肩)とむちうちとの間に関係性はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむちうちの関係性についてご説明します。
なる人
四十肩(五十肩)になる人とならない人の違いはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)になる人と、ならない人の特徴についてご説明します。
可動域
四十肩(五十肩)になると可動域が制限されるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と可動域の関係についてご説明します。
高校生
四十肩(五十肩)に高校生がなるなんていう話がありますが本当でしょうか?ここでは、高校生でも四十肩(五十肩)になるのかどうなのか?についてご説明したいと思います。
猫背
四十肩(五十肩)は猫背だとなりやすいのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と猫背の関係性についてご説明します。
寝相
四十肩(五十肩)と寝相には関係性があるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と寝相の関係性についてご説明します。
閉経
四十肩(五十肩)と閉経には関係性があるという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と閉経の関係性についてご説明します。
リュック
四十肩(五十肩)の時に持つカバンはリュックが良いという話がありますが本当でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)にリュックは良いのかどうかについてご説明します。
ボルダリング
四十肩(五十肩)にボルダリングをやることは問題ないのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とボルダリングの関係についてご説明します。
血行
四十肩(五十肩)と血行の良し悪しは関係があるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と血行の関係性についてご説明します。
予防・回避
四十肩(五十肩)は予防・回避できるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と予防・回避の関係性についてご説明します。
手術
四十肩(五十肩)になった方で手術が必要であることがあります。ここでは四十肩(五十肩)と手術の関係性についてご説明します。
保険適用
四十肩(五十肩)に保険適用できますか?というご質問をいただくことがあります。ここでは四十肩(五十肩)になった場合の保険適用についてお伝えします。
季節
四十肩(五十肩)を発症するのに季節は関係あるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と季節の関係性についてご説明します。
骨折
四十肩(五十肩)と骨折には深い関係があることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と骨折の関係性についてご説明します。
インピンジメント症候群
四十肩(五十肩)とインピンジメント症候群とは一体なにが違うのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とインピンジメント症候群の関係についてご説明します。
三角筋
四十肩(五十肩)で三角筋が痛いという方がいますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と三角筋の関係についてご説明します。
棘下筋(きょっかきん)
四十肩(五十肩)で棘下筋(きょっかきん)が痛いという方がいますが、どういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と棘下筋の関係についてご説明します。
リウマチ
四十肩(五十肩)でリウマチの心配をされる方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)とリウマチの関係についてご説明します。
運動不足
四十肩(五十肩)になった方で運動不足を気にされることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)と運動う不足の関係についてご説明します。
服の脱ぎ着
四十肩(五十肩)で服の脱ぎ着で困る方は多いと思います。ここでは四十肩(五十肩)になった場合の服の脱ぎ着についてお伝えします。
リハビリが痛い
四十肩(五十肩)のリハビリが痛いということに不安を抱える方は多いようです。ここでは四十肩(五十肩)のリハビリが痛い場合の原因や対処法についてお伝えします。
予防接種
四十肩(五十肩)になって予防接種をしても良いのかどうかについて悩む方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で予防接種を受けて良いのかどうか等についてお伝えします。
自然に治る
四十肩(五十肩)になって自然に治る人がいるのはナゼでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で自然に治ることがあるのか?などについてご説明します。
一生治らない
四十肩(五十肩)になって一生治らないということはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)が一生治らないという噂についてご説明します。
効果的な薬
四十肩(五十肩)の痛みにとても効果的な薬を紹介します。あなたのつらい四十肩(五十肩)の痛みがこの薬でスッキリ解消されることを願っております。