四十肩(五十肩)で肩甲骨が痛い?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)で肩甲骨が痛いケースについて

四十肩(五十肩)には様々な症状があります。

 

そのなかでも、背中とか「肩甲骨」の痛みを訴える方もいらっしゃいます。

 

四十肩(五十肩)のお話の前に、ちょっとだけ肩甲骨のことをご説明すると・・・

 

肩甲骨は、背中に浮いているようにある大きな骨のことです。

 

肩甲骨は、腕の骨と合わせて肩関節をつくっています。

 

肩が動く土台のようなものですが、肩甲骨がうまく柔軟に動くことで、肩は動く範囲がとても大きく自由に動かせるのです。

 

ここでは、そんな肩甲骨の痛みと四十肩(五十肩)との関係についてご説明します。

四十肩(五十肩)で肩甲骨が痛い原因は?

さて、四十肩で肩甲骨が痛い場合、いくつかの原因が考えられます。

 

まずは、腱板が傷んでいる場合です。

 

肩の関節を支える腱板といわれる筋肉(インナーマッスル)が傷ついたり、切れたりすることがあるわけですね。

 

腱板という筋肉は、肩甲骨から腕の骨に向かってついているので、それが傷むと肩甲骨側が痛いと感じることもあるのです。

 

強く傷まなくても、肩の後ろの肩甲骨周りにはたくさんの筋肉があり、硬くなりやすいので、それだけでも結構痛みを出してくることが多いです。

 

さらには、腱板が硬くなるだけで二の腕や手先の方までしびれたような、だるいような鈍痛が出ることがあり、四十肩(五十肩)といっても症状がかなり広がることもよくある話です。

 

四十肩(五十肩)で肩甲骨周りが痛い場合、肩甲骨そのものの動きが悪い場合が考えられます。

 

肩の関節が硬くなることが多いので、その分、肩甲骨の動きを大きくして対応しようとすることがよく見られます。

 

そのため、肩甲骨周りの筋肉、特に、首や背骨とつながっている筋肉がたくさん使われ、背中や首まで痛くなることもよく耳にする話です。

 

さらに、首からきている痛みも合併することもあり、四十肩(五十肩)と首のヘルニアの同時発症なんてこともあります。

 

また、四十肩(五十肩)で肩甲骨が痛い場合、ちょっと注意すべきなのが心臓との関連です。

 

狭心症などの心臓の病気の症状として、左肩から左の肩甲骨周りに鈍痛が出現することがあります。

 

肩を動かして痛いわけではないですが、たまたま四十肩(五十肩)と重なった場合、どちらの痛みかはっきりしないのです。

 

心臓の場合、命にかかわることもあるので、単に四十肩(五十肩)だろうと高を括らず、まずは医療機関の受診をお勧めします。

 

四十肩(五十肩)の症状はイメージよりも幅広く、人によってちがうわけですね。

四十肩(五十肩)と肩甲骨〜癖が残ると大変?〜

四十肩(五十肩)の症状には、単に痛みが出る場所だけでも肩、肩甲骨、二の腕、首回り・・・などなど様々です。

 

では、四十肩(五十肩)で肩甲骨周りが痛い場合、その注意点や対処法について書いていこうと思います。

 

四十肩(五十肩)で肩甲骨周りが痛い場合、最も多いのが腱板と言われる筋肉が痛んだり、固くなったりすることで出る症状です。

 

肩甲骨から腕に向かって筋肉がのびているので、これらの症状が肩甲骨に出ることがあるのです。

 

この場合、基本的な対処としては四十肩(五十肩)の対処と考えて全く問題ありません。

 

つまり、痛みのある動作をしないことが原則です。

 

動かす方向によって痛いというくらいであれば、ゆっくりストレッチや体操を痛みのない範囲で行うことが進められます。

 

ただし、腕だけをぐるぐる回すような動作はお勧めできません。

 

注意することとしては、遠くに手を伸ばして物をとらない、体の正面でものをとるようにする、姿勢が悪い状態で手をつかわない、などでしょう。

 

腱板が硬くなったくらいの痛みなら、多少無理すれば手を動かせることが多いので、逆に意識して注意することが必要です。

 

次に、肩甲骨周りが痛い場合ですが、肩の関節が固まってきた場合、肩甲骨の動きを大きくして無理やり動く範囲を確保しようとすることが多いです。

 

その場合、肩甲骨周りの筋肉、特に、首や背骨とつながっている筋肉にかなりの負担がかかり、そこから痛みが出ることが多くなります。

 

この場合は、肩甲骨を大きく動かすような体操をおこなうことが大切です。

 

腕をあまり動かさずに、というのがポイントです。

 

単純に座っていて背中を曲げたり、伸ばしたりするだけでも良いです。

 

胸を張ったり丸めたり、という感じですね。

 

また、四十肩(五十肩)で肩甲骨周りが痛い場合、首のヘルニアからくるケースが考えられます。

 

この場合は、首の動きに伴って肩甲骨周りや背中、腕や指先にしびれが出現したりすることが多いです。

 

「肩を動かしても痛みが再現されない」ということが特徴となります。

 

狭心症などの心臓の疾患からも左肩甲骨周りに痛みが出ることがありますが、これも肩の動きに関係なく痛みが出現することが多いです。

 

四十肩(五十肩)の痛みは肩甲骨も含めいろいろな場所に起こります。

 

そして原因も様々です。まずは医療機関でチェックすることをお勧めします!

スポンサードリンク

関連ページ

腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。