四十肩(五十肩)と腰痛の関係

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と腰痛〜まずはきちんとチェックを〜

四十肩(五十肩)になった人のなかに、以下のような方がいらっしゃいます。

 

  • 四十肩(五十肩)だけでなく腰痛も出てきた
  • 腰痛が出てきたと思ったらそのあと四十肩になった

 

四十肩(五十肩)と腰痛の関係は見過ごされがちですが、意外に多く、判断が難しい状況です。

 

今回は、そんな四十肩(五十肩)と腰痛の関連性について書いていこうと思います。

四十肩(五十肩)と腰痛が同時に起きる原因は?

四十肩(五十肩)で腰痛が同時期に出現した場合、まず大切なのは重大な疾患の可能性があるかどうかをきちんとチェックすることです。

 

ほとんどないことなのですが、「関節リウマチ」などで全身の関節が同時に痛むことがあります。

 

四十肩(五十肩)のように片方の肩に痛みが出るようなケースでは、リウマチの可能性は極めて低いですけどね。

 

そして、四十肩(五十肩)で腰痛が出る場合、最も大きな影響を及ぼしていると考えられるのが姿勢の影響です。

 

四十肩(五十肩)になる方は、たいていもともと姿勢が悪い方が多いです。

 

さらに四十肩(五十肩)の痛みをかばっているうちにますます姿勢が偏ったり、悪くなったりということになってしまうのです。

 

このような状況で肩を動かそうとすれば肩への負担は増すばかりです。

 

具体的には腰痛がある場合は、体がまっすぐにならず、前かがみになるケースが多いです。

 

このような姿勢でいると、肩甲骨の動きがかなり制限され、首の位置も体より前に出ることになります。

 

そのため、腕をあげようとしても十分に挙がらないのは簡単に想像できると思います。

 

(単純に背中を丸くして腕をあげてみるとよくわかると思います)。

 

そんなに背中が丸くなく、姿勢が悪くは見えないのに腰痛と四十肩(五十肩)になる方もいます。

 

比較的若く、とても細い女性に多いです。

 

このようなケースでは筋力不足が考えられます。

 

座っている、立っている時に腹筋や背筋で体を支えているのですが、これらの筋肉の量そのものが少なく、持久力もないのです。

 

そのため、背骨をぐっと反って固めるような形で立っている(座っている)のが特徴的な姿勢です。

 

このような場合、肩甲骨の動きが非常に少なかったり、背骨の動きが固かったりして肩の高さ以上に腕をあげるときに大きな負担がかかりやすいです。

 

もちろん、背骨を固めるような姿勢でいますので、慢性的に腰の疲労感は強いので腰痛持ちであることも多いです。

 

このように、四十肩(五十肩)と腰痛は合併することが多く、適切な対処をすることでどちらの痛みにも対応できるものです。

 

逆に、四十肩(五十肩)になった場合、腰痛になるリスクもあると考えたほうがよいでしょう。

 

まずは、現在のご自身の姿勢を見直すところからはじめてみてはいかがでしょうか?

腰痛持ちの四十肩(五十肩)〜どっちが先かはわかりません〜

四十肩(五十肩)で腰痛もある場合の対処や注意点について書いていこうと思います。

 

四十肩(五十肩)になった場合、どうしても肩の痛みが強く、かつ、治るのに時間がかかるため「かばう動き」が習慣化しやすいです。

 

肩をかばおうとする、痛みの軽い位置にしようとすると、どうしても背中を少し丸めて、腕を抱えるような姿勢になってしまいます。

 

ここから腰痛になることが非常に多いです。

 

このような場合の対処としては、生活の中でいかに腕の重さを支えることができるか、ということが大切になります。

 

座っている時には膝の上にクッションなどをおいてその上に腕の重さをあずけるように置いてあげるだけでも肩の痛みは楽になることが多いです。

 

そのうえで、背中が曲がりすぎないように注意すると腰痛にも対応できるかと思います。

 

バスタオルなどを折ってお尻の後ろ半分に入れておくと、骨盤が支えられてなお効果的です。

 

先ほども書いたように、もともと体を支える筋肉が弱くなっている方でも四十肩(五十肩)と腰痛を両方持っているという方が多いです。

 

若い女性などに多いのですが、典型的な四十肩(五十肩)まではなくても、肩の痛みを訴える方がいらっしゃいます。

 

このような場合は、肩の痛みには注意が必要ですが、できる範囲では肩甲骨や背中の動きを出すことが大切になります。

 

単に背中を丸めたり、起こしたりの繰り返しだけでも体操になります。

 

肩の痛みが落ち着いてくれば、四つ這いの姿勢をとって背中を曲げたり、反ったりする体操がよいでしょう。

 

四十肩(五十肩)と腰痛を持っている方に思った以上に効果的なのが「歩く」ことです。

 

ポイントはウォーキングをがんばる!というほどは行わないことです。

 

ショッピングモールを普段よりちょっと長めにウロウロする、というくらいがちょうどよいです。

 

四十肩にしても腰痛にしても痛みが付きまとうものです。

 

痛みが体の余計な緊張を呼び、またその緊張が痛みを呼ぶ、ということになることが多いです。

 

そのため、体のリラックスがポイントになりますが、やはりある程度は筋肉も使った方がよいので休み休み歩くくらいがちょうど良いのです。

 

このように四十肩(五十肩)と腰痛がある場合は、肩と腰のどちらにも配慮が必要になります。

 

まずは適切な状態の判断を医療機関でしてもらい、無理のない範囲で体を動かすのがよいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。