四十肩(五十肩)とファイテンはどうか?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)とファイテン〜調子を整える〜

四十肩(五十肩)になった方がファイテンのネックレスやシールを試している、ということが結構多くあります。

 

ファイテンはかなり有名な製品で、ネックレスや体に貼るシールのようなもの、クリームなどいろいろなものを販売しています。

 

それでは、実際のところ四十肩(五十肩)に対するファイテン製品の効果はあるのでしょうか?

 

ここでは、四十肩(五十肩)に対するファイテンの効果性などについて書いて行こうと思います。

四十肩(五十肩)にファイテンの効果性は?

四十肩(五十肩)に対してファイテンの有効性はあると考えられます。

 

しかし、四十肩(五十肩)がすぐに治るというようなものではなく、あくまで治る過程を助けるものと考えるとよいと思います。

 

ファイテンの効果としては、もともと人間が持っている生体内の電気の乱れを整えることにあるようです。

 

この生体内の電気の乱れがおこると、筋肉の収縮も神経による情報の伝達も乱れてきます。

 

脳波ですら乱れるといわれています。

 

このような生体電気の乱れを整えてくれるのがファイテンということです。

 

やや大げさな表現になっているようですが、生体電気の乱れというものを言葉を変えるとストレスというものになるようです。

 

ストレスには様々な形があり、決して一つに収められるものではないと思いますが、一つの捉え方としてはありなのかなと思います。

 

そして、四十肩(五十肩)では痛みに苦しむ時間が長く、非常に多くのストレスが体に加わります。

 

そのため、ファイテンでストレスをコントロールできるというところが効果的なのかと思います。

 

ストレスが強ければ、単純にキズの治りも悪くなることがわかっています。

 

四十肩(五十肩)で強く起こる炎症の進み方も非常に悪くなり、だらだらと続くことが言われています。

 

そうすると治る過程の進み方も遅くなるので、ファイテンによってストレスのコントロールをすることで治る過程を進みやすくしてあげようというわけです。

 

全体的には言い過ぎな気もしますが、ストレスのコントロールは四十肩(五十肩)の治療にとって非常に大事なことです。

 

ファイテンを使ってみる価値はあるのではないでしょうか。

 

まずは簡単なものだけでも試してみてはいかがでしょうか?

四十肩(五十肩)をファイテンで治す〜すぐには難しい?〜

それでは、四十肩(五十肩)でファイテンを使う際の注意点などについて書いていこうと思います。

 

四十肩(五十肩)でファイテンを用いる場合、ネックレスなど身に着けるもの、シールのように貼るもの、クリームのように塗るもの、といろいろありますが、基本的には生体内の電気の乱れを整えてくれる、ストレスによる体への悪影響を緩和してくれる、と考えてよいでしょう。

 

そのため、何を用いるにしてもリラックス効果のあるもの、環境を心がけることが大切になります。

 

一日中、常にリラックスすることは無理ですが、緊張と緩和が大切です。

 

ファイテンを身に着けるとともに、忙しい日常のなかでちょっと深呼吸を行う、背伸びなどの体操を行う、などという当たり前のようなことを意識して行うと、ファイテンの効果をさらに増すことができると考えられます。

 

特に、四十肩(五十肩)のような常に痛みの刺激が加わっているようなものでは、意識して行うことが大切です。

 

きちんとした睡眠、食事、活動と休息、そんな当たり前のことをちゃんとおこなうことで、ファイテンのストレスに対する効果はさらに上がるのではないでしょうか。

 

四十肩(五十肩)でファイテンを用いる場合、注意することとしては、ファイテンを着けたとしても四十肩(五十肩)が一気によくなるものではない、ということです。

 

あくまで、四十肩(五十肩)の治る過程をスムーズにしてくれるもの、としてとらえていただいた方がよいでしょう。

 

むしろ、ファイテンを着けただけで劇的な変化が起こるようなものは、四十肩(五十肩)とは呼びません。

 

ファイテンを用いることで、治る質をさらによくしてくれると考えるとよいでしょう。

 

このように、四十肩(五十肩)に対してファイテンを用いることは有効な面もあると思います。

 

もちろん、ファイテンだけで四十肩(五十肩)が治るわけではないのですが、うまく使うことができれば有効だと思います。

スポンサードリンク

関連ページ

チューブトレーニング
四十肩(五十肩)に対してゴムチューブを使ったチューブトレーニングがあります。ここでは四十肩(五十肩)のチューブトレーニングについてお伝えします。
健康棒
四十肩(五十肩)に対して健康棒というものが使われることがあります。ここでは四十肩(五十肩)使われる健康棒についてお伝えします。
クッション
四十肩(五十肩)に対してクッションは有効なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)に対するクッションの効果性についてお伝えします。
アロマ
四十肩(五十肩)に対してアロマは有効なのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)に対するアロマの効果性についてお伝えします。
アイロン運動
四十肩(五十肩)に対してアイロン運動という昔から行われている方法があります。ここでは四十肩(五十肩)に対するアイロン運動の効果性についてお伝えします。
タオル体操
四十肩(五十肩)に対してタオル体操という方法があります。ここでは四十肩(五十肩)に対するタオル体操の効果性についてお伝えします。
モーラステープ
四十肩(五十肩)に対してモーラステープを貼るという方法があります。ここでは四十肩(五十肩)に対するモーラステープの効果性についてお伝えします。
枕の高さ
四十肩(五十肩)に良い枕の高さはどのように考えれば良いのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)に対する枕の高さについてお伝えします。
ペットボトル
四十肩(五十肩)にペットボトルが良いという話がありますが、どうなのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とペットボトルの関係性についてお伝えします。