四十肩(五十肩)と神経痛の関係性とは?

スポンサードリンク

四十肩(五十肩)と神経痛の関係性について

四十肩(五十肩)になったときに、神経痛だと思って、病院を受診する方が結構多くいらっしゃるようです。

 

「神経痛」という言葉は、とても便利な言葉として使われています。

 

四十肩(五十肩)であるなしに限らず、何か痛みがあったり、その痛みが少しでも広かったりすると、皆さんすぐに神経痛だと思ってしまうようです。

 

今回は、四十肩(五十肩)と神経痛との違い、また関連性について書いて行こうと思います。

四十肩(五十肩)と神経痛は「別もの」だった?

四十肩(五十肩)による痛みと、神経痛は、実際のところ異なるものです。

 

四十肩(五十肩)による痛みは、炎症による痛みです。

 

なので、神経を傷つけたり、圧迫したりして出る痛みではありません。

 

(厳密にはこの表現も正しいとはいえないのですが、わかりやすく表現しています)

 

四十肩(五十肩)で神経痛が混じる例として、典型例は「首の神経の圧迫」があります。

 

いわゆる頚椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニアや、頸椎の変形による、神経の問題です。

 

これらがあるときは、神経は非常に過敏な状態となり、四十肩(五十肩)の痛みもさらに感じやすくなってしまうことが考えられます。

 

さらに、肩だけでなく、腕や指先までしびれが出現したり、感覚の麻痺がおこったりなど、痛み以外のいろいろな症状が同時に起こることも特徴です。

 

四十肩(五十肩)の場合には、感覚の麻痺は起こることは考えにくいです。(時にはあるようですが)

 

さて、四十肩(五十肩)と神経痛の関連性ですが、四十肩(五十肩)になりやすい方は、姿勢の問題もあることがほとんどです。

 

さらに、四十肩(五十肩)の痛みによって、姿勢はますます悪くなり、大きな動きができない分、さらに体が硬くなるとともに姿勢も悪くなってきます。

 

すると、首への負担が大きくかかるようになり、神経痛になってしまうのです。

 

時には、四十肩(五十肩)の影響で肩回り、首周りの筋肉が過剰に緊張し、隙間を通る「神経」を圧迫することもあります。

 

こうなると、いわゆる「神経痛」が出現することになります。

 

神経痛そのものは、実は曖昧な言葉で、実際のところ何を示しているのかははっきりしませんし、話し手によって言葉の使い方は様々です。

 

今回は、神経痛を「神経が圧迫されたり、傷つけられたりしたときに出る過敏性やしびれなど様々な症状」というくらいで用いています。

 

「神経痛とはこういうものだ!」と決めつけずにいたほうが良いでしょう。

神経痛と四十肩(五十肩)の痛み~無理して動かすとこうなります~

四十肩(五十肩)と関係のある神経痛の場合、一番考えられる問題は、首の問題です。

 

頚椎椎間板ヘルニアや、変形性頚椎症、頚椎症性頚髄症など、神経に関わるような病名はたくさんあります。

 

四十肩(五十肩)と思っていたら、首の問題がメインだったということもありますし、合併していることも多くあります。

 

四十肩(五十肩)で首の問題がある場合、基本的には肩だけの痛みにとどまりません。

 

背中や腕、肘、指まで広がるような痛みやしびれ、チクチクとした、ピリピリとしたなんて表現があれば、神経痛が絡んでいる可能性が高いです。

 

首の問題が、四十肩(五十肩)に絡んでいる場合、注意すべきところは「首を動かしたときの症状の変化」があるかどうかです。

 

多くの場合、首をそらしたときにm痛みなどの症状が強くなります。

 

このような場合は、無理に首を大きく動かすこと、特にそらす方向はできるだけ避けたほうがよいでしょう。

 

症状が強くならない方向へ、首を軽く動かすのは良いと思います。

 

そして、四十肩(五十肩)の対処と同様に、肩甲骨や背中を、積極的に動かすことは重要となります。

 

ただし、神経痛となると、時には筋肉や感覚の麻痺も起こるため、できるだけ早期に医療機関で専門医にチェックしてもらうべきだと思います。

 

そのほか、肩や首の筋肉によって神経が圧迫されて神経痛が出ることもありますが、これにしても首からの問題かどうかを判断するのが非常に難しいものです。

 

四十肩(五十肩)で神経痛が絡んでいるかも、と思ったら素人判断に頼るべきではありません。

 

専門医による早めの受診をお勧めします!

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

肩甲骨
四十肩(五十肩)になって、肩甲骨が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と肩甲骨の痛みについてご説明します。
腕のしびれ
四十肩(五十肩)になって、腕のしびれが出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と腕のしびれの関係についてご説明します。
腕は上がる
四十肩(五十肩)なのに、腕は上がるという不思議なケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕は上がるというケースについてご説明します。
腕が上がらない
四十肩(五十肩)なのに、腕が上がらないというのは典型的なケースですよね。ここでは四十肩(五十肩)で腕が上がらないというケースについてご説明します。
片方
四十肩(五十肩)が片方だけに現れるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)が片方だけ発症するというケースについてご説明します。
四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で音が鳴るというケースについてご説明します。
握力
四十肩(五十肩)で握力低下が起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で握力低下が起きるケースについてご説明します。
親指のしびれ
四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で親指のしびれが起きるケースについてご説明します。
腕が痛い
四十肩(五十肩)なのに腕が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕が痛いというケースについてご説明します。
気持ち悪い
四十肩(五十肩)なのに気持ち悪いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で気持ち悪いというケースについてご説明します。
繰り返す
四十肩(五十肩)を繰り返すというケースがあることをご存知でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)を繰り返す場合の原因と対処法についてご説明します。
首の痛み
四十肩(五十肩)の人が首の痛みを訴えるというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)による首の痛みの原因と対処法についてご説明します。
呼吸
四十肩(五十肩)の人が呼吸が苦しいということを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で呼吸が苦しい場合の原因や対処法についてご説明します。
腱鞘炎(けんしょうえん)
四十肩(五十肩)の人が腱鞘炎(けんしょうえん)を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腱鞘炎を訴える場合の原因や対処法についてご説明します。
耳鳴り
四十肩(五十肩)の方で耳鳴りを訴える方がいらっしゃいますが関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と耳鳴りの関係性などについてご説明します。
後遺症
四十肩(五十肩)に後遺症というのはあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)の後遺症について原因や対処法をお伝えします。
股関節
四十肩(五十肩)と同時に股関節の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と股関節の痛みの関係についてお伝えします。
鎖骨
四十肩(五十肩)と同時に鎖骨の痛みを訴える方がいらっしゃいますが、関係はあるのでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と鎖骨の関係についてお伝えします。
左右
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
水がたまる
四十肩(五十肩)で左右同時に痛みを訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で左右が痛む場合の原因や対処法についてご説明します。
石灰
四十肩(五十肩)で石灰が溜まるというケースの方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)で石灰が食べる原因や対処法についてご説明します。
腰痛
四十肩(五十肩)で腰痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と腰痛の関係についてご説明します。
胸の痛み
四十肩(五十肩)で胸の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と胸の痛みの関係についてご説明します。
肘の痛み
四十肩(五十肩)で肘の痛みがあるという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と肘の痛みの関係についてご説明します。
抜けそう
四十肩(五十肩)で肩が抜けそうという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で肩が抜けそうな感じがするケースについてご説明します。
片頭痛
四十肩(五十肩)で片頭痛になったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)と片頭痛の関係についてご説明します。
むくみ
四十肩(五十肩)でむくみが出るようになったという方がいらっしゃいますがどういうことでしょうか?ここでは四十肩(五十肩)とむくみの関係についてご説明します。
夜間痛
四十肩(五十肩)で夜間痛という症状がありますが、内容について誤解されている方も多いようです。ここでは四十肩(五十肩)による夜間痛についてご説明します。
筋肉痛
四十肩(五十肩)の方でただの筋肉痛だと思っていたというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と筋肉痛の関係についてご説明します。
ゴリゴリ
四十肩(五十肩)でゴリゴリと音がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でゴリゴリ音がするケースについてご説明します。
だるい
四十肩(五十肩)の方でだるいという症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でだるいというケースについてご説明します。
背中
四十肩(五十肩)の方で背中の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で背中の痛みがあるというケースについてご説明します。
手首
四十肩(五十肩)の方で手首の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手首の痛みがあるというケースについてご説明します。
手の甲
四十肩(五十肩)の方で手の甲が痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で手の甲が痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
ヘルニア
四十肩(五十肩)の方でヘルニアの症状を訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)とヘルニアの関連性についてご説明します。
脇の下
四十肩(五十肩)の方で脇の下の痛みを訴えるケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脇の下の関連性についてご説明します。
脳梗塞
四十肩(五十肩)の方で脳梗塞を併発するケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)と脳梗塞の関連性についてご説明します。
激痛
四十肩(五十肩)は肩に激痛が走るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で激痛が走る場合の原因や対処法についてご説明します。
二の腕
四十肩(五十肩)で二の腕が痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で二の腕が痛む合の原因や対処法についてご説明します。
温めると痛い
四十肩(五十肩)で温めると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)を温めると痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
放散痛
四十肩(五十肩)で放散痛が出るというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で放散痛が出る場合の原因や対処法についてご説明します。
ズキズキ
四十肩(五十肩)でズキズキと痛むというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でズキズキする場合の原因や対処法についてご説明します。
力が入らない
四十肩(五十肩)で力が入らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で力が入らない場合の原因や対処法についてご説明します。
首が回らない
四十肩(五十肩)で首が回らないというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で首が回らない場合の原因や対処法についてご説明します。
めまい
四十肩(五十肩)でめまいがするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)でめまいがする場合の原因や対処法についてご説明します。
吐き気
四十肩(五十肩)で吐き気がするというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で吐き気がする場合の原因や対処法についてご説明します。
骨に異常がない
四十肩(五十肩)で「骨に異常がない」と、医者に言われることは多いです。ここでは四十肩(五十肩)で骨に異常がないと言われた場合の原因や対処法についてご説明します。
巻き肩
四十肩(五十肩)と巻き肩には密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と巻き肩の関係性について詳しく書いていきます。
広背筋
四十肩(五十肩)と広背筋にはとても密接な関係があります。ここでは四十肩(五十肩)と広背筋との関係性について詳しく書いていきます。
真横にあげると痛い
四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛いというケースがあります。ここでは四十肩(五十肩)で腕を真横にあげると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
後ろに回すと痛い
四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛いというケースがありますが何故でしょうか?ここでは四十肩(五十肩)で手を後ろに回すと痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
2年も続く
四十肩(五十肩)が2年も続くと訴える方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が2年以上も続く場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
治った後コキコキ音
四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がするという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)が治った後にコキコキ音がする場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
慢性期 肋骨が痛い
四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛いという方がいらっしゃいます。ここでは四十肩(五十肩)の慢性期で肋骨が痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。
腕はあがるけど捻じると痛い
四十肩(五十肩)で腕はあがるけど捻じると痛いという方がいらっしゃいます。ここでは、四十肩(五十肩)の腕はあがるけど捻じると痛い場合の原因や対処法を詳しく書いていきます。